夏目花実も困惑?ワケわからん華麗な経歴!オペラ歌手→アイドル→芸人→ラーメン屋→催眠術師?▼そんな幅広すぎるMr.なんでんかんでん川原ひろし(マネーの虎)の人生を貫いていた信条とは?▼ありがとうは魔法の言葉【異色の人生相談トーク・最終回】 (1/4ページ)

2018.07.28 23:00

豚骨ラーメンを全国区にした男・「Mr.なんでんかんでん」こと川原ひろしがDMMニュースR18に降臨。かつて"マネーの虎と言われた男に恵比寿マスカッツ1.5の夏目花実がガチ人生相談。

前回は芸能界処世術を伝授。お店を繁盛させる方法を応用しアイドルとしてさらに人気を獲得するにはどうすればいいかを考えました。いよいよ最終回。実は川原社長はラーメン屋を始める前はアイドルを目指していて…そもそも音楽の英才教育を受けていた!さらに、まさかの催眠術が登場して…?? どうなっちゃうの夏目ちゃん!?

最後までお楽しみください。

【バックナンバーはこちら】

夏目花実がマネーの虎に噛まれちゃう!?Mr.なんでんかんでん・川原ひろしにガチ人生相談!▼ラーメン屋の前は歌手だった!現在は経営コンサルタントとしても活躍する"虎"が芸能界の処世術を伝授。これは誰もが必見かも。【第1回】

テレビ出演1500本以上を誇るMr.なんでんかんでん川原ひろし社長に、マスカッツ夏目花実がガチ人生相談!「私、色気がないってよく言われて…」▼経営哲学と芸能界処世術には通じるものがある!【異色すぎる対談・第2回】



(インタビュー・文/村タク)
(構成/DMMニュースR18編集部)



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 



■夏目は催眠術にかかるのか?!ボイトレ指導までなんでんかんでん、こってりトーク!


川原
「僕も元々はアイドル目指してたのよ。」

夏目「えー!」



川原「僕は幼稚園の頃からずっと音楽教育に力を入れている学校に行ってて、もともとピアノや声楽、バイオリンなんかも習ってたので音楽は得意だった。でも音楽学校とは言っても、もちろん国語算数理科社会って普通の教科の勉強もしなくちゃいけなくて。」



夏目「大変ですね、私だったら絶対一杯一杯になっちゃう。」



川原「英語も苦手でね。”I Live In TOKYO を過去形にしなさい”って問題で”I Live In EDO”って答えちゃう子供だったし(笑)」



夏目「なんですかそれネタじゃないですか!(笑)」



川原「それで中学生になった頃、当時のスーパーアイドルだった西城秀樹に憧れてね。」



夏目「私、リアルタイムではその時代を知らないんですけど、テレビで観ててすごい方だなというのは認識してました。『ちびまる子ちゃん』にも出てきますもんね。」



川原「当時は野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹の3人が”新御三家”って言われてて大人気で、女の子もだけど男子にとっても憧れの存在だったね。それで修学旅行のバスの中でなりきって皆の前で歌ったりしてたね。」



夏目「川原さん若い頃もイケメンだったでしょうから、モテたでしょうね。」



川原「そう(笑) それで勘違いしちゃって本格的に歌手になろうと決めて、フォークソングが流行ればアコースティックギターを練習したり、ハードロックが流行ればエレキギターを持って作曲の勉強したり。音楽学校の時は授業でやってたけど、自分で演奏したい!歌いたい!っていう気持ちが強くわいた時、急に音楽が楽しくなって曲もみるみる弾けるようになってね。好きこそ物の上手なれで、そのまま上京して運良くプロの歌手になれたんだよね。」



夏目「好きでやる、やりたくてやるって気持ちが大切なんですね。でもそのままプロになれるのは本当にスゴいですね。運だけじゃ無理ですよね。」



川原「当時、銀巴里(ぎんぱり)という美輪明宏さんたちも出てた”シャンソンの殿堂”と呼ばれる有名なお店が銀座にあって、そこに出演させてもらってました。」



夏目「今ウィキペディアで調べてみたんですけど、伝統のあるスゴいお店ですね。」



川原「超有名だった漫才師でWけんじさんってコンビがいたんだけど、その前座で歌わせてもらったり、大スター・春日八郎さんのコンサートで司会者をやらせていただいたりしてて、気付いたらなぜか漫談家になってたの(笑)」



夏目「えええ?歌手から芸人に?経歴がヤバすぎます!ラーメン屋さんだけじゃなかったんですね(笑) 芸人やられてた頃はどんなネタを?」



川原「車の運転!脇見運転~!(と言って自分の腋を見る)」



夏目「あははははそれ面白い!いただいちゃって良いですか?私は腋NGキャラですけど(笑)」



川原「いいよ!テレビでやる時『なんでんかんでん川原にもらいました』って言ってね(笑)」



夏目「ほんとにやりますよ、私(笑) あと、私マスカッツでソロパートも歌ってて一応歌手なので、どうやったらもっと上手く歌えるのか川原さんに歌唱法を伝授して欲しいんです!川原さんの声って普段から太くて迫力ありますけど、どうやって出すんですか?私はよく『声量が無い』って言われたりするんですよ。『喉から出している』って。」



川原「だって僕は幼稚園の頃からずーっとオペラの授業を受けてたから。声の鍛え方は教えられるよ。オペラ歌手ってのは普通の歌手と声の出し方自体が違うんですよ。」



夏目「初めてお逢いした瞬間からその声に圧倒されてます(笑)ぜひ教えてください!」

次のページへ
川原流、声の鍛え方。

全文を読む

トップへ戻る