JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

ダイノジ大谷が今一番好きなAV女優は…カンパニー松尾監督作品でハマった!▼鮎川あみ作品で気付いた「プロがプロじゃなくなる瞬間が好きなんだ」▼ダイノジの掟。AV女優には必ず…【AV大好き芸人ニブンノゴ!宮地の連載・第210回】

『深夜のAV記者クラブ!』
episode.210

吉本興業のAV大好き芸人ニブンノゴ!宮地が放つエロエロ連載!

※DMMニュース以外のサイトで閲覧されると、画像が表示されない場合があります。

  <宮地さんの連載過去記事は↓↓>  

【第181回→『俺の神推しAVオブザイヤー2017』
【第182回→『勝手にAV女優新人王2017を発表!』
【第183回→『しみけんが2017年を振り返る①』
【第184回→『しみけんが2017年を振り返る②』
【第185回→『しみけんが2017年を振り返る③』
【第186回→『AV男優トークライブまとめ』
【第187回→『おっぱい議事堂』
【第188回→『森林原人の楽屋トーク①』
【第189回→『森林原人の楽屋トーク②』
【第190回→『森林原人の楽屋トーク③』
【第191回→『森林原人の楽屋トーク④』
【第192回→『一人暮らしにオススメの女優とは…』
【第193回→『田淵正浩の楽屋トーク』
【第194回→『AV女優インタビュー・花咲いあん①』
【第195回→『AV女優インタビュー・花咲いあん②』
【第196回→『AV女優インタビュー・花咲いあん③』
【第197回→『田淵正浩の気になるAV女優』
【第198回→『AV男優的、人生ゲームトーク①』
【第199回→『DMMアワード2018を勝手に大予想!』
【第200回→『AVしりとり(前編)』
【第201回→『AVしりとり(前編)』
【第202回→『AV男優的、人生ゲームトーク②』
【第203回→『田淵正浩、健康を語る』
【第204回→『吉村卓とAVしりとり(前編)』
【第205回→『吉村卓とAVしりとり(後編)』
【第206回→『吉村卓の喜怒哀楽』
【第207回→『AV男優インタビュー・望月輝(前編)』
【第208回→『AV男優インタビュー・望月輝(後編)』
【第209回→『AV大好き芸人インタビュー・ダイノジ大谷(前編)』


※DMMニュースR18の記事本文を別サイトやブログへ無断に掲載・転載するのはおやめください。転載をご希望される場合はDMMニュースのお問い合わせフォームにその都度お申し込み願います。ツイッターでの拡散はご自由にどうぞ!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

『芸人インタビュー ダイノジ大谷編(後編)』

前回からお届けしてるダイノジ大谷さんのAVインタビュー。

初めて観たAV作品を質問したらそれだけで前編が終わってしまいました(笑)

でもこれは朝ドラのヒロインが上京するまでに3ヶ月くらい時間を使ってしまうようなもの!(この例えは朝ドラ好きの皆さんだけ共有していただければそれで結構です)

後編でやっと故郷の大分県から上京! さらにエスカレートしていった大谷さんのAVの思い出を語ってもらってます。

じっくり読んでくださいね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● 

宮地:上京して、大学時代もAVは観てました?


大谷:
もうどっぷりですよ !!

宮地:その頃は誰に夢中でした?

大谷:麻生早苗さん!綺麗でエロい!これ大事なんですけど麻生さんには悲壮感がないんですよ。エッチを楽しんでる姿に惹かれていきましたね。この時代はそういう女優さんが増えたイメージがあります。

宮地:テレビで『ギルガメッシュナイト』も始まって、すごく華のある明るい女優さんが増えましたよね。大学を卒業されて芸人になってからもAVは?


大谷:
もちろん休むことなく観てましたよ。実はこの頃の作品で忘れられないヤツがあって。鮎川あみさんという女優さんが出演している『ドキュメント』っていう作品。

(画像をクリックすると配信販売ページに飛びます。)

宮地:ほう!

大谷:鮎川さんが男優とセックスするんだけどなかなか合わないんですよ。で、それから男優さんと喧嘩を始めちゃって。「私やれません」って言われて監督もお手上げ。そんな最悪の状況の中で現れたのがカンパニー松尾さん。松尾さんが鮎川さんを外に連れ出して説得するのよ。そこで「監督を代えるか?」って。それからハンディカメラ持って居酒屋に行き女優の愚痴を全部吐かすの。で、愚痴も吐いてスッキリした鮎川さんはお酒もすすみホロ酔いになってホテルに帰ってくる。そっからお風呂入ってイチャイチャ、その後にセックスするんだけどそれが本当にエロくて!!その時に気付いたの・・俺ってプロフェッショナルな女優さんも好きだけどプロがプロじゃなくなる瞬間が好きなんだなって。 

宮地:本名に近い姿になるってことですね。これってカンパニーさんの腕がハンパないですから。

大谷:僕、童貞喪失が21歳で、女性とコミュニケーションを取ることが出来なかったからカンパニー松尾さんのトーク術をすごく勉強したのよ。

宮地:……あ!そう言われたら大谷さんの話し口調ってカンパニー松尾さんイズム入ってますよ!


大谷:
ホント?(笑)でも本当に好きで。『テレクラキャノンボール』の劇場版イベントでトーク相手に指名してもらった時は本当に嬉しかったな。最高の経験ですよ。 (2014.6.26 ポレポレ東中野)

宮地:その語る言葉の強さで本当に好きなのがしっかり伝わってきます。

大谷:ちなみにダイノジのルールで女優さんには必ず「さん」をつけるって決めてます 。

宮地:まじっすか!?それは尊敬の念からですか?

大谷:もちろん。10代20代だろうが必ず「さん」をつける。グラビアアイドルには「君」をつける(笑)時東ぁみ君とか。

宮地:もう国会中継でしょ?(笑)

大谷:AV女優さんってホントにエンターテイナーですよ。楽しませてくれるし何より元気がでる。

宮地:そんな中で特別好きなジャンルってなんですか?

大谷:宮地も多分好きだと思うけど、女優さんがお酒飲むやつ!

宮地:うわー!僕も好きなやつですー!

大谷:多少の演出はあるかもしれないけど、あれって女優さんの本性が出てくるんですよね!鮎川なおさんって女優がいるんだけど酒入った時に少し関西弁が出ちゃうんですよ。それってシラフの時は絶対出さないようにしてたんだろうけど酒を飲んだことでポロっと出ちゃったのがたまんなく興奮したのを覚えてる!

宮地:ちなみに「鮎川」って名前の女優さん好きになりがちですね(笑)

大谷:言われてみれば鮎川だね(笑)

次のページへ
AVで興奮するプレイは?