JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

エロメン東惣介が激白。『恋するサイテー男総選挙』でも存在感モッコリなセクシーボーイが自身のデビュー作(女性向けアダルト)を振り返る!▼エロメンになった理由は…?▼初撮影でやっちまった!気合いを入れ過ぎて大失態?!【連載第1回】


皆様お待たせいたしました。
エロメン・東惣介さんの連載が始まりますよ!!(唐突)

第1回は東さんの人となりを知るべく、自身の出演作を題材に語っていただきます。

ひがしさん?あずまさん?サイテー男総選挙?

そんな謎もぶっ飛ぶほどの文才!たっぷりジックリお楽しみくださいね。

今回の題材

『素直になれない恋人たち 2nd season』


(文/東 惣介)
(構成/DMMニュースR18編集部)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

なぜエロメンになったのか。

よく聞かれる質問ですが僕の答えは1つ。そこに女体があったから。申し遅れました、胸の谷間に永住したいエロメンの東惣介です。もちろん敷金礼金ちゃんと払いますよ。

女性の身体ってすごく神秘的ですよね。人によって形状も感触も味も違う。僕は女性を見ると純粋に「この人の裸を見てみたい」と感じます。

気が付いたら渋谷の街に繰り出し、ナンパをしている夜もありました。きっと僕はこの世に生命を宿し、産声を上げた瞬間から女体が好きだったのだと思います。そんな僕にとってエロメンという仕事は天職なのかもしれません。

気が付けば生まれてから早29年、エロメンとしてデビューしてから早2年が経っていました。

撮影で初めて女優さんと枕を交わしたことは僕にとって2度目の初体験のようなもので(ちなみに1度目の初体験は高校生の時カラオケボックスのJ○YJ○Yで塾の先生とでした)、あの時の緊張や現場の雰囲気は今でもリアルに思い出せます。

今回はそんな僕のデビュー作である『素直になれない恋人たち 2nd season』について、撮影時のエピソードとエロと笑いを交えながら紹介してイキたいと思います。女性はもちろん男性の方もムラムラシコシコ楽しめるように書きますので、最後まで読んでもらえると幸いです!

次のページへ
撮影秘話もふんだんに。