人気AV女優・Hitomiが「爆乳あるある」言ったった!仰天…Oカップの谷間に○○が!!▼ひーちゃん、男運が悪い?AVのプレイは真似るなキケン?!▼今さら敢えて聞く。処女喪失トーク!【巨乳メーカーOPPAIと共に10周年!デビューから海外進出&未来まで歴史を語り尽くす特別ロングインタビュー第3回】 (1/4ページ)

2018.05.18 21:00

祝10周年!Oカップ爆乳女優Hitomiちゃんを迎えてお送りしております記念インタビュー(聞き手は山根のばばぁ)。

大好評いただき誠にありがとうございます。

今回はHitomiちゃんが物申す!!!巨乳好き男子に伝えたい!おっぱいは優しく揉んでもらいたい!!そして…具体的なクレームを次々と。やっぱり胸が大きいと大変なんですよね~。

そして後半は「爆乳あるある」を披露してくれました。爆乳好きもチッパイ好きも、Hitomiちゃんの人間性が好きな人も、山根さんが好きな人も、たーーーーっぷりお楽しみください。


(インタビュー・文/広報・山根)
(構成/DMMニュースR18編集部)





【バックナンバーはこちら!】

爆乳Oカップ女優Hitomi、AVデビューの目的は「潜入捜査」?!▼初AV撮影のトラブル。○○○し過ぎちゃって収録ストップ&延期に!仰天の理由とは?▼今だから語れる秘話が盛りだくさん!【巨乳メーカーOPPAIと共に10周年!デビューから海外進出&未来まで歴史を語り尽くす特別ロングインタビュー第1回】

海外進出は突然に?爆乳女優Hitomi本人が知らない所でブームになっていた?「アニメキャラみたいな体をしているAV女優が日本にいるぞ」外国人のクチコミから公式オファーが。▼海外の撮影事情。世界各国から女優が集まりみんなバケーション感覚でAHHHHH!【10周年記念インタビュー第2回】




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 



山根:さらに話は変わりますが、さっきおっぱいがコンプレックスだって話してたじゃないですか。女優さんじゃない一般の女の子でも胸が大きすぎて困っている人多いのかなって思ってまして。そういう女の子に巨乳ならではの情報があまりないのでは?と思ってるんですよ。Hitomiちゃんは自分で色々な方法でおっぱいを隠してたわけじゃないですか。

Hitomi:とりあえず私は押さえつけてやろうっていう考えなんです。海外ブランドのブラで胸を小さく見せて、その上からまたキツ目のナイトブラを付けてまた潰す!だから会った人からは「なんか胸が思ったよりちっちゃくない?」っていう印象の人が多かったりするのよ(笑)。

山根:普通に生活している女の子でHitomiちゃんぐらいのおっぱい、もしからしたらもっと大きくて困ってる女の子もいると思うんだけど、そういう女子たちに何かアドバイスある?

Hitomi:まず、何に困っているか聞かないとアドバイス出来ないかも。悩みは一人一人絶対に違うから。全く気にしてない女の子もいるだろうし。例えば大きさを隠したいのであれば、海外製のワイヤーだけのブラを付ければ胸が持ち上がらないから小さく見えますよ。パーティーでタイトな洋服を着る場合は日本製の胸を持ち上げるブラを付けちゃうとかね。その子が何に悩んでいるかでアドバイスも違ってくるからな~~。

山根:私はこの胸でいいのよ!!って思っている女の子もいるだろうしね。

Hitomi:いるいる!私ぐらいの胸の女の子って結構いますよ。

山根:え~~、私見たこと無いけど!!

Hitomi:私は良く見るよ。出会ってないだけだよ~~。

山根:海にいるかな~・・・。Hitomiちゃんは海に行く?

Hitomi:私は極力行かない!行ったとしてもTシャツを着てるし、絶対脱がないようにしてる

山根:そっか~。海もあんまりいかないのか~。プールは?

Hitomi:プールは絶対に行かない!!絶対行かない!!

山根:そうだよね~。ああいう場所はかなり視線が集中するもんね~。HitomiちゃんはAVデビューする前に何人かお付き合いしてた男性がいたじゃないですか?その時には既におっぱい大きかったんでしょ?

Hitomi:うん!!

山根:胸が大きいとさ、エッチする時に必ずこれ言われたっ!!っていうセリフあった?

Hitomi:初めてエッチする時に「えっ!お前こんなにおっぱい大きかったの?!!!」って言われることが多かったよ。だから最初の彼氏もパイズリの知識はなかったし、ただただ触ってるって感じだったかな~。あと、ずっと乳首だけを触ってる人がいて「も~痒くなるからやめて~」って思ったことがあるわ。

山根:(爆笑) AV業界だと爆乳女優さんの作品には必ずと言っていいほど「パイズリ」っていう行為が出てくるじゃない。おっぱいを使った妙技(笑)。そういうのをプライベートで「やって!!」って言ってくる人はいなかった?

Hitomi:んん~。一人めっちゃおっぱい好きがいて、その人からパイズリと騎乗位を教えてもらって今に至る!(笑)

山根:へぇぇ~。じゃあ意外と優しい男性とお付き合いしてたのね~。

Hitomi:いやいやいや!!Nononononono!!私は男運はすっごく悪いから!!あはははは!!!!

山根:(大爆笑)

Hitomi:優しい人に出会いたいよ~~。

山根:出会ってない?

Hitomi:優しいなぁと思って出会っても、私が尽くし過ぎるタイプだから…。自分の彼氏の前での態度って普段とは変わっちゃって若干乙女になっちゃうの。友達からも「Hitomiって彼氏出来ると乙女だよね~」ってよく言われる。それに甘えて彼氏が好き勝手やってさ。彼氏が浮気してても私は言えないタイプだから。嫌われたり離れて行ったりされるのが嫌だから文句は言わない。すっっごく我慢して、限界まできて愚痴を言っちゃうと「ハァッ!!?」ってキレられるからやっぱり言わないようにしてる。

山根:乙女だね~~!やっぱりHitomiちゃんは乙女だったか~~!

Hitomi:でもね!ある時変わったの。言えるようになったのよ。なんで私がこんなにヒドいことを言われなくちゃならないんだっ!って。やっぱり尽くしてたのに浮気されたら裏切られたって気持ちになるじゃない。私は好きだから自分で彼氏に尽くしてる、っていう気持ちが変わって「私はアンタの為にこんなに尽くしてんのに、アンタは何やってんのよ!!コラ~~!!」っていう気持ちになったの。そこから変わったかな。

山根:恋愛に対する考えが変わったんだ。

Hitomi:そう、だから最近の恋愛は喧嘩もするようになったよ。でも悪い癖がついちゃってね。彼氏のことを馬鹿にするようになっちゃったのよ。恋愛に対しての心持ちが変わってから出来た彼氏がいたんだけど、その彼がいきなりキレ始めたのね。そしたら笑いが止まんなくなっちゃって「この人なんでこんなにキレてるの?」って思って笑ってたら、余計にキレられてネックレス引きちぎられて。「も~痛いし!」って(笑)。

山根:やだ~~!怖い!!男運悪すぎるねぇ~~。でも強くなったね。

Hitomi:はははは~、そうでしょ~。強くなったよ~。もう我慢したくないなって思ってね。

山根:まあ、あまり我慢するとよくないよね。やっている仕事もストレス溜まるだろうから、プライベートでもストレス溜めちゃうと良くないもんね。

Hitomi:一番言われたくないのは、私の仕事を知ってから付き合って、最初は「仕事だからしょうがないよね」って言ってたのに、あとから「俺のこと好きだったらAV辞めてよ」ってヤツ。それを言われた人には「じゃあ私がAV辞めたらそのまま付き合って結婚してくれるの?」って言い返す。「貴方のために好きでやってるAVを辞めたのに、その後もし別れたら私は仕事が無くなっちゃうんだよ?責任とれないでしょっ!」って事は言うね。私はそういう考えなんだよね。

山根:そうだね、自分が今まで頑張ってきた仕事を奪われたくはないよね。

次のページへ
今さらではございますが…

全文を読む

トップへ戻る