ぼくたちのいるところ。人生ダメ子が緊縛?縄の代わりにギターシールド!Hajime Kinokoが挑む。【アルバム用スチール撮影現場に三代目葵マリーが潜入取材】 (1/5ページ)

2018.05.04 21:00

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

毎度おなじみ!三代目葵マリーさんの人気連載です!今週はいつもと一味違うところに行かれたようで…。


※DMMニュースの記事本文を別サイトやブログへ無断に掲載・転載するのはおやめください。転載をご希望される場合はお問い合わせフォームにその都度お申し込み願います。
ツイッターでの拡散はご自由に!ぜひお願いします!


今回はアルバムのジャケット撮影?

日本最大級のキャットファイト団体【CPEキャットファイト】。主宰のTHOGO氏が手掛けているアーティスト・人生ダメ子さん率いる大阪発メンタルぶっ壊し系バンド「ぼくたちのいるところ。」の8月発売のNewアルバム(タイトル未定)のイメージ写真撮影があると聞きつけ行って来ました。

と、いうのも、この撮影にロープアーティストのHajime Kinoko氏が何やら参戦するというので興味津々。

現場はとあるスタジオ。片方は物も全くない単なるコンクリスタジオ。もう片方はお洒落なゴシック系のシンデレラ城の中身みたいなスタジオ。


きっとこっちでゴージャスに撮るんだろうなーなんて思ってたんだけど、何とシンプルなコンクリの方での撮影でした。


そして。今回のKinoko氏の任務は・・・。緊縛とは到底縁が無さそうな、ダメ子さんの事を縛る事。それも縄じゃなくてギターのシールドでの縛り。


そもそもシールドって何?って感じな私。要するにギターのコードでした。


さて、使い慣れてる麻縄とは大違いのシールドでどんな縛りが見られるか楽しみ。 撮影当日。私もダメ子さんとは初対面。スタジオに到着するとダメ子さんがすでに到着していてまずはご挨拶。

事前にダメ子さん情報を調べたら「メンタルぶっ壊し系」と出て来た。一体どんな女性なんだろう?と思ってたら、これまた以外な感じ。まさに昨日「田舎から出て来ましたー」って感じで素朴な女性。全く着飾ることもなく素のまんまで純粋無垢な感じ。

決して暗いワケじゃなく、無邪気に明るく、それでいて敬語でしっかり話す。まだまだ色んな事に「自信がない」と話すダメ子さんに「とりあえず女子力を上げよう」とお土産に持って来た保湿パックをプレゼント。 すると「今すぐやります!」と早速、保湿パックを開けて始めるダメ子さん。

素直でよろしい(笑)。どうやら、その後のメイクもツルっと快適だったみたいです。


そうこうしてるとKinoko氏登場。早速シールドと睨めっこ。触ったり、曲げたりしてる。


プロデューサーのTHOGO氏と念入りに打ち合わせをし、いよいよ撮影開始。

ダメ子さんもきれいにメイクしてもらって、女子力もアップしての登場。Kinoko氏を見るなり目の中がハートマークとかキラキラマークになってて面白かった。「わー」だの「ひゃー」だの言いながらスタンバイ。

次のページへ
どんな縛りが?

全文を読む

トップへ戻る