10万部突破の大人気アダルトコミック『スクールカースト』が麻里梨夏&佐々波綾のW主演で遂に実写化!!オナニーのオカズはもっぱらエロ漫画というエロ漫画大好き麻里梨夏ちゃんと原作者のおかゆさんの豪華対談が実現しちゃった!『昔から卑猥な絵を描いてる子供でした(笑)』麻里梨夏ちゃんの描く理想の男性器とは・・・?たくさんエッチなお絵描きしてもらったよ! (1/4ページ)

2018.04.20 21:00
完全に一致・・・!
完全に一致・・・!

今をときめく大人気女優・麻里梨夏ちゃんが、10万部突破の大人気アダルトコミック「スクールカースト」の実写化作品に出演!!


ということで、原作者のおかゆさん先生と麻里梨夏ちゃんの豪華対談が実現致しました。


学園ものの作品ということで、麻里梨夏ちゃんには制服着てもらっちゃいましたよ~。可愛い~可愛い~川合俊一!!



「よろしくお願いします!」





「よろしくお願いします!」





―お二人は撮影現場で一度お会いしてるんですよね。



「そうですね。パッケージの撮影の時に来て頂いてて」





「そうなんです」





―なんでも、実写化の話がくる前に麻里梨夏さんは原作の漫画を読んでいたとか!



「そうなんですよ!」





―普段から漫画はよく読むんですか?



「好きですねぇ。エロに限らず漫画は大好きで読んでます。こういうがっつりエロい漫画読んでオナニーする時もありますし、、ジャンプとかに載ってる漫画のちょっとエロいシーンでオナニーする時もあります(笑)」



―主に漫画はオナニーの為に読む・・・?


「そうですね、ウフフ・・・もちろん純粋に読む時もありますけど(笑)でもこういうエッチな漫画は大好きです!だから最初に実写化のお話が来た時はビックリしました」



―ちなみに、「スクールカースト」を読んでみようと思ったきっかけは何だったんでしょう?



「うーんと、なんかのサイトを見てて、電子書籍の広告みたいな感じで出てて・・・まず絵が可愛い!と思ってサンプルをちょっと読んでみたら面白くて、よし!買おう!と。」



―最初読んだ時の感想は?



「その時は普通にオナニーしました(笑)その後も何回かオナニーしました(笑)好みだったんですよね~。絵が可愛いし、おっぱいも綺麗で・・・。生々しいですよね!」



「そうですね。リアルさにはこだわってます」





「顔とかもあんまり萌え系過ぎないところが受け入れやすくて。萌え系あんまり好きじゃないんですよ。リアルなのが好き」





「あぁー、そうなんですね」





「汗とか汁とかすごいリアルですよね!!」




―そう!すごくおかゆさん先生に聞きたいことがありまして・・・挿入シーンの時に内臓っていうか、膣の断面みたいな絵がすごいと思ってて。無垢のプロデューサーもそこがいいんだ!と言ってまして。人体模型みたいな。これってどのように描いてるんですか?



© おかゆさん/ジーオーティー



「こういうのって資料とかあるんですか??」




「最初は資料的なものを見て描いたりもしてましたね・・・。でも途中から『こんな感じかな~』って想像して描くようになって(笑)」




「こう・・・なってるんですかね?」






「多分、こうなっては・・・ないですね(笑)」





「ファンタジーですね!これは・・・子宮ですか??」





「子宮ですね・・・。なんかこうやって改めて聞かれると超恥ずかしいですね!!(笑)」



―でも、この絵をまだ女性経験の無い男性が見た時に、「あ~、中に入れたらこんな感じなんだ~」っていうのがすごくリアルに再現されてとても良いと思います!



「そうですよね!」



―ちなみに麻里梨夏さんはどんなシーンで抜くんですか?抜きどころを教えてください。



「抜きどころて(笑)抜くものはないんですけど・・・、私、セックスシーンよりもこういう地味な女の子に腋毛が生えてるとか濃い目のマン毛が生えてるとか、リアルな描写に興奮するんですよね!あー、なんかもう(撮影の時のことを)懐かしく感じちゃうな」





© おかゆさん/ジーオーティー



―実際演じてみてどうでしたか?



「元々漫画を読んでたっていうのもあって、スッと入り込めましたね。そんなにキャラが自分とかけ離れてないっていうか。」




―「スクールカースト」でいうところのどのあたりにいたんでしょう?麻里梨夏ちゃんは。



「学生時代ですか?もうずっと一人でいましたね。ずっと隅っこにいて人と喋らないみたいな。地味でした。全然リア充じゃないし、だからこの役はやりやすかったです。髪の毛もショートだし」



―最初にこの作品に出る、って聞いた時どう思いました?


「マネージャーさんに聞いた時に、『あれ?なんか知ってるぞ?』って思って。私それ読んだことあります!!ってマネージャーさんに言いました(笑)」




―おかゆさん先生は麻里梨夏さんが以前にこの作品を読まれていたと聞いてひどく感激されたそうですが、本人に直接会ってみてどうでしたか?自分の思い描いていたキャラクターと近かったですか?



「いや~、もうそれ以上だったんで・・・!」




―ご自身の漫画が実写化されるのは初めて?



「初めてですね」





―撮影現場を見られてどうでしたか?




「いやもう再現度がすごくて!よくぞここまで似せてもらえたなと」





―佐々波綾さんもかなり似てますよね




「自分で描く絵よりも実物の方がプロポーションも良くて、負けちゃってるなーって(笑)」




―普段漫画やイラストで女体を描くときにこだわっている点とかってあるんでしょうか



「そうですねぇ~・・・。やっぱり・・・おっぱいを大きく描くことですかね(笑)あとはバランスを整えること。あんまりリアルになり過ぎないよう、漫画とリアルの間くらいになるように・・・。そんな感じですかね(笑)」




―「スクールカースト」っていうテーマはどういうところからヒントを得たのでしょう?



「男性の願望みたいなところですかね。高校時代、クラスメイトにいた地味な女の子が実はイケたんじゃないか?みたいな。当時は可愛い子ばっかりに目がいきがちだったけど、今よくよく思い返すと意外と可愛いところもあったんじゃないか?と。価値の再発見っていうんですかね。そういう話を編集さんとしてまして」



―なんか・・・女性にとっては夢ありますね



「皆が経験してることなので、共感もしやすいかなと」




―モデルにした方とかいらっしゃるんですか?高校時代のクラスメイトとか・・・



「いや、実在のモデルっていうのはいないんですけど、キャラクター描いてる時に参考にしていたのはまさに麻里梨夏さんです。作品も見させて頂いてて」





「え!?本当ですか??前から私のこと知ってたんですか??」





「もちろんです!」





―ってことはまさに麻里梨夏さんが出演する為の漫画だったワケですね!



「めっちゃ嬉しいです!!ビックリしました!話盛ってません??(笑)」





「盛ってないです!!」



―ちなみにこれは店舗さん限定の特典用に描き下ろして頂いた麻里梨夏さんと佐々波綾さんの
似顔絵なんですけど・・・






※こちらは「とらのあな」さんで「スクールカースト」をご購入いただいた方の特典用絵柄です※



「これ、めっちゃ嬉しい!!似てますよね!!」





―麻里梨夏さんを描く時に力を入れたポイントはどこだったんでしょうか



「唇もそうですし・・・あとは目の力ですね。でも、本当は耳をもっとちゃんと描きたかったな。今実物を見てみたら耳がもっと可愛かったんで(笑)」



「なんか恥ずかしい(笑)」




―ところで麻里梨夏さんは絵は描きますか?




「絵を描くのは好きです!漫画を選ぶ時とか、絵の好みがすごい出ますよね。

おかゆさんの絵は本当に好きです」



―と!いうワケで今日はせっかくなのでお二人に絵を描いてもらおうかと。




次のページへ
麻里梨夏ちゃんはどんな絵を描くのかな??

全文を読む

トップへ戻る