JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

文化系AVタイトル言葉遊びゲーム『おもじゃん風なAV企画会議』開催!東風克智の妄想に付き合ってくれた人気AV監督4人衆も大絶賛。「○○玉舐め」「○○の天才」どんなタイトルが生まれたのか?!【4/29にはAV女優も交えて新宿でリアルイベント開催】

【おもじゃん風・AV企画会議(エロポリー)】

先日、週刊プレイボーイさんで『AV監督座談会』という企画をやらせてもらいました!

参加していただいた監督さん達は、

(立っている人物・左から)

【宮瀬博教監督】(以下:宮瀬)

元SODクリエイト専属監督で現在フリー。『痴女っ子ローリータ。』(ミニマム)や『擬人化ペット天使もえ』(エスワン)など、独特な世界観が人気。

【モヒカル監督】(以下:モヒ)

主にロリ系の作品が多く、貧乳や処女喪失などの作品を多く撮っている。ムーディーズの『バコバコバスツアー』シリーズなどの監督としてもお馴染み。

【Samoari(サモアリ)監督】(以下:サモ)

ワープエンタテインメント専属監督。ぶっかけ作品や本場アメリカのハードなBDSMを取り入れた作品に定評あり。代表作は『鉄縛』『制服騙し』。

(前列左)

【タイガー小堺監督】(以下:タイ)

ドラマ、コメディ、ドキュメンタリーと幅広いジャンルで活躍する監督。代表作『イラマチオハンドル』『ラブラブ近親相姦』など。

という、現在AV界で大活躍している4名に集まっていただきました!(右下が私、AVマイスターの東風克智です)

座談会も大いに盛り上がったのですが、せっかくこんな人気監督が揃ったんだから座談会だけで帰っていただくのは勿体ない!…ってことで、私が考案した『おもじゃん風・AV企画会議』にも参加していただきました。

ちなみに『おもじゃん』とは、言葉が書かれた札を2つ組み合わせて新しい言葉を生み出すというダウンタウン松本さんが考案したゲーム。テレビの番組でも好評を博しました。

今回はそれのAV版なので、エロワードを2つ組み合わせて架空のアダルト作品を考えるという、企画会議の要素も取り入れた知的ゲームとなっております。

エロワードが書かれた200枚ほどの札は全て私(東風克智)の手作り。

一応私は週刊大衆さんで『業界用語の基礎恥識』という週刊連載を3年以上続けており、エロワードのチョイスはかなり納得のいくものだと自負しております!(※宣伝です)

この200枚の札から各自ランダムで札を13枚選んでいただき、2枚の白紙札には自分の好きなワードを書き込んで良いというルール。

限られた言葉の中で新しい作品を生み出す。この行為はまさに、規制が多い現在のAV界に似ているかもしれません。(たぶん)

最初は遊びムードだったのですが、札とにらめっこしているうちに徐々に真剣ムードに。皆さんAV監督らしい真剣な表情になってきました。(残念ながらモヒカル監督だけ表情が全く分かりませんけど…)

そして今回の審査員のみなさん(左から若手俳優兼おしっこAVライターの安田良平君、私、週刊プレイボーイきよぞうさん)

この3名でどの監督が考えた作品を一番観たいか、勝手にジャッジさせていただきます。(別に勝ち負けとかつけなくてもいいんですけど、ゲーム性を高めるために敢えて審査員を入れてみました)。

細かなルールなどは読んでいくうちに分かって来ると思うので、皆さんはお気軽に読んでいただけたらと思います。

2つのエロワードを組み合わせるというだけのシンプルなゲームなのに、それぞれの監督の思考がハッキリと出てくるという面白さ&奥深さ!それではここから、『おもじゃん風・AV企画会議』を始めさせていただきたいと思います!

初めに申し上げておきます。

この『おもじゃん風・AV企画会議』が『エロポリー』という名前でリアルイベントを開催することになりました!
4月29日というゴールデンウイーク真っ只中に新宿ロフトプラスワンで行います。

今回の記事を読んで興味を持った方はぜひ会場にお越しくださいね!AV女優さんも多数参加されますので。

もしチケットを買われた方は予習のつもりで読んでください。

次のページへ
いよいよゲーム開始!