縄尽くしの二日間!海外からの来場者も多数で超満員に膨れ上がった緊縛イベントに三代目葵マリーが潜入取材!【プロアマ問わず縄を愛する人々がステージで輝く『大縄あそび』。画像たっぷりイベントレポート】 (1/4ページ)

2018.02.23 21:30

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

毎度おなじみ!三代目葵マリーさんの人気連載です!今週は大縄あそびのレポート記事ですよ!



※DMMニュースの記事本文を別サイトやブログへ無断に掲載・転載するのはおやめください。転載をご希望される場合はお問い合わせフォームにその都度お申し込み願います。
ツイッターでの拡散はご自由に!ぜひお願いします!

世界中から集った縄愛好家たちで会場は超満員に!

新宿は歌舞伎町にあるSMバー「初心-UBU-」と「密蜜-mitsu」を経営する、私が大好きで憧れている、吉田よいさんというとても素敵な信念をお持ち方がプロデュースしているイベント【大縄あそび】。


今回で11回目の開催とのことでお邪魔させて頂きました。

大縄あそびとは、よいさんの計らいで「縄を愛する人達が自分達の発表会的なイベントがやれたら良いね」との思いから始まったらしく、プロアマを問わず同じ目線でいられる場所であり時間であり心であり・・・を感じさせてくれるイベントなんです。



よいさんの言葉を借りるなら「アマチュアは夢に見た舞台の実現を。プロはアマチュアだったあの頃に1日だけ戻って」との事。

これを聞いて「あの頃に」って素敵な言葉だな、と思いました。いつも自分に対して「絶対に振り返るな」と誓ってる私にとって、あの頃って言葉がものすごく響いたんですよね。

振り返るんじゃなくて、思い出すんなら良いんじゃない?って思わせてくれました。うん、なんだか楽になったよね。



そんな大縄は二日間に渡っての開催って事もあり、演者さん達の人数がものすごい。

確か前回もすごかったけど、今回は22組44人+1人といった大所帯。1組の持ち時間は30分間。この30分にそれぞれの縄への想いや受け手さんへの愛情、ステージに立つ緊張感を存分に注ぎ込みます。

大縄当日はバケツを引っくり返した様な豪雨に風が凄くて「こりゃえらいこっちゃ」と思いつつ会場入り。気がつけば、足の踏み場も無い程に会場は人でいっぱい。ほんと1ミリ足りとも余裕がない場内となってました。

大縄の特徴ともいえる海外からのお客様達も多く、あちらこちらで英語交じりの日本語が飛び交ったり、身振り手振りで説明をするスタッフの人たちがいたりして国際色の豊かさを感じます。歌舞伎町の初心も密蜜にも毎夜毎夜、海外からのお客様達が縄を楽しみに来ていて、というか。どこぞのガイドブックにでも紹介されてるんじゃないか?と思うほど多く来店されてるんですよね。



さて。そんな中、私はいそいそと演者様達の控え室にお邪魔。


基本的に出番前の方々が準備をしたり、精神統一をしたりしてるので、なるべく息を潜めて極力、邪魔にならない様にお邪魔。

緊縛のイベントは「特に」なんだけど。衣装に着替える時、責め手さんが受け手さんの着替えを全てやってあげる事が多いんですよ。

個人的にこの光景が大好き。責め手さんが受け手さんに褌を着けてあげて、襦袢を着させて紐を締める。こんな些細な光景を見ているだけでも二人の絆の強さとかが伺える。そして、受け手さんの着替えが終わると、責め手さんの着替えをお手伝いするか、全ての着替えが終わるまで始終側に付いて、その姿を見てるんだよね。こういう時間は誰も入れないし、特に会話もなく進む。とても素敵な時間。



控え室での特権は、演者さん達の道具。これには毎回、興味津々。大抵の演者さんは風呂敷包に道具をまとめてくる。今まで何人もの風呂敷包を見せてもらって来たけど、誰もが皆んな、綺麗に均等に縄が並べられていて、その他の細かい道具類もきちんと整理されてるの。縄を扱う時、一縄一縄丁寧に扱うからこんな所にも丁寧さが出るんでしょうね。

舞台の方は、順番にそれぞれが持ち時間30分の中に御自身達のドラマを繰り広げているところ。誰として同じ物はなく、この大縄でしか見られない、見せない「ショー」。



海外からのお客様の中にメモを取ってる人を見付けました。見せてもらったら、絵を描いて自分なりのコメントを付けて参考書みたいになってました。海外の方達は一生懸命に取得しようとする努力が素晴らしいと思います。何でも書き留めて後で復習する精神、私も学ばないとな。

こうして昼から夜まで縄尽くしの二日間の大縄は見事な大盛況の中にて終了。

大縄は「舞台の上でショーをやるだけが目的ではなく、仲間と一緒にイベントを作り上げて行く事や応援し合う事も忘れてはいけない」という吉田よいさんの御言葉。こんな気持ちを誰もが理解し、心に刻んでるから大縄も着々と歴史を刻んで行ってるんだと思います。

目指せハイアマチュア、生涯ハイアマチュアをスローガンに、まだまだ大縄も大きく育って行くと思います。ずーっとずーっと追い続けて行けたら良いな。

そして。次に、よいさんが仕掛けるイベントは「おんな祭り」です。おんなとおんなの縄舞台、というように女だらけの縄祭りです。

よいさんの仕掛けなだけに、楽しくないわけないですよ。お時間のある方は、女の縄を堪能してみて下さいませ。

盛大だった大縄あそび、DMMニュースならたっぷりと写真で見られますよ!

でも、ライブで見たらきっと感動もひとしお!

次のページへ
大量ですよ!

全文を読む

トップへ戻る