JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

【大泉りかがこっそり教える『オンナノコの秘密』】

【気持ち良いセックスとは】性愛には「フェチ系」と「ダイブ系」がある!?より気持ちの良いセックスをするためのヒント、教えます❤大泉りか連載『女性のココロとカラダの秘密』【第123回】

先日、猫町倶楽部という読書サークルが主催する、読書会に参加してきました。読書会とは、参加者全員が同じ課題本を読んでテーブルにつき、互いに感想や自分の考えをいい合う会で、今回の課題本は社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんの共著「どうすれば愛しあえるの 幸せな幸福のヒント」(KKベストセラーズ刊 1600円+税)でした。

この本、タイトルは恋愛啓蒙書のようですが、実は性愛についての本なのです。例えば、第一章の質疑応答編の目次をご紹介すると「童貞脱出の方法を教えてください」「セックスをし続けても飽きない女性とは……」「ダサいヤリチンばかりがモテるのはなぜ?」。そういった普遍的な問題や、気持ちいいセックスとはなんぞやということを、見識豊かなおふたりが、とても真面目に語りつくしてくれています。ちょっと難しくて、わたしの頭では理解できていない部分も多々あったのですが、それでも、なんとか読み解いていった中で、「なるほど!」と思ったのは、性愛には「フェチ系」と「ダイブ系」があるということです。

ざっと説明すると、ダイブ系とは究極的一体化であって「相手の心の中にダイブするようなセックス」「二人で一緒に溶けたという境地」、対して「フェチ系」は神経質的固着で「相手を自分の快楽のための存在とみなして侮辱して蹂躙する、あるいは自分が侮辱され蹂躙される快楽」。どちらか一方だけが本物だとか至高であるというわけではなく、「快楽は複雑に入り混じっている」と。なるほど、こうして言葉にすると、すごくよくわかります。愛し合っている相手とのセックスはたしかに、この上なく気持ちいいけれど、行きずりの名前も知らない相手とのセックスで感じた快楽が、それを上回ることもある……。では、気持ちのいいセックスをしたいと考えた場合、具体的にどうしたらいいのか。手段のひとつとして、本書の中では「変性意識」というキーワードが出てきます。これがまた(わたしには)かみ砕いて説明するのは難しいので、宮台氏の発言を引用させていただきます。


「英語では『altered state of consciousness』。『altered』とは「普段と違う」という意味です。「普段と違う」とは何か。『前催眠状態』と呼ばれるものと同じことがヒントです。(中略)『前催眠状態』とはどんな状態か。『委ねの状態』です。(中略)初心者にとって大切なのは『委ねの状態』に自分や相手をどうエントリーさせるかで、極端な話、後はどうにでもなります」(「どうすれば愛しあえるの 幸せな幸福のヒント」P139L16-P140L3)。

次のページへ
例えばこんなセックスです。

関連キーワード