JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

クリちゃんみたいなお豆で鬼は~そとぉ~♪2月3日節分の日に因んでクリ(豆)を攻めたてる作品特集!▼波多野結衣のマ○コが常にクンニでグッチョグチョ…「私のクリ、ちゃんと付いてます?」♡夢乃あいかもツルマンになってチンポを受け入れる♪

「クリちゃんの位置おしえてくれないか」

「どうして?」

「最近後輩からの圧力が強すぎて、もっと詳細かつエッチな情報を提供してやんないと俺が未だに純白のフニャチンであることがバレそうなんだよ」

「マ○コの北の方って言っときゃいいやん?」

「言ったよ…だけど俺自身が実際の場所知らないもんだから説明する言葉がどうにもウツロになってしまってね…」

「そりゃいつかはバレるわなw」

「だから何か手立てはないものかと…」

「ん~とりあえず即席だけど実地で…、この節分の豆をクリちゃんと仮定してだな…それをこのアワビの先端に埋め込んでと…そんでその埋め込んだ上の皮を少しペロンとメクって見えてくるお豆の感じが実際の感じだから…ほら、おまえもちょっとメクって舐めてみろ」

「こ…こんな感じか?」

「そう!そうやって豆を優しく愛撫することで、女性は得も言われぬ愉悦を感じるのだ。ちなみにあまりの気持ち良さに、ここは俗にCスポットなどとも呼ばれているぞ!!!」

「そうなんだ…知らんかったわ…とりわけクリがこれほどまでに巨大なお豆だったなんて…」

「そこは違うw確かに女性によってクリの大きさは千差万別だが、流石にこの節分の豆ほどの大きさはないよ。せいぜいがこのお豆の半分くらいの大きさじゃないかな。もっともそれほど俺もヤリチンってわけじゃないから絶対とは言い切れないけどね」

「まあでもマ○コとクリちゃんを具現化してくれたおかげで随分実感はつかめたわ。ありがと。これで言葉もウツロになることはないかな。仮に後輩からまたクリの位置尋ねられたら、今日受けたレクチャーを存分に活用してうまく立ち回ってやるよ!」

「その意気だ!」

2月3日節分の日に因んでクリトリスを攻めたてる作品特集!

 

 

美嫁の茂った恥毛に鼻を擦りつけ愛液を垂らしてパックリ開く!「声を出さなければこれ以上何もしないと約束しよう…」声を押し殺して極上クンニに耐える日々…いつからか朱里の敏感なオマ○コが桃色に妖しく誘って…

声も出せずクンニに悶える人妻介護 美谷朱里

夫が失業し、義父からの援助を受ける代わりに実家で暮らす事になった朱里夫婦。義父は車いすで生活していて、元々ヘルパーの仕事をしていた朱里の助けが必要だったのだ。しかし、義父の視線はそれ以上の何かを感じる。そんなある日、義父が突然抱きついてきた。抵抗するも「援助を止める」と言われ、仕方なく義父の行為を受け入れる朱里。すると義父は容赦の無い卑猥なクンニで朱里の敏感なオマ○コを毎日、責め立てて…。

いまわの際にクリ攻めたい

どぞーー!

あんたヘルパー必要ないじゃーーん!!

 

次のページへ
波多野結衣が…!