JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

ドSなロリ美少女みっけ!AV女優・涼海みさはプライベートでは童貞ハンター!セフレは水責めに?▼神と崇めるアノ先輩女優に憧れて業界入り!所属プロダクションもデビューメーカーも同じ!【ロングインタビュー第2回】

初回から赤裸々すぎるオナニー話をブチまけてくれた涼海みさちゃん。感じる場所とイキやすい場所の違いで男性読者は目からウロコ! 女性読者からも「30回くらいうなずきながら読んだ」と大好評でした!
はい、じゃあ今週もぶっ飛ばしていきますよ!! 最後まで読んだらきっと涼海ちゃんのトリコ!

【バックナンバーはこちら!】

SEX欲とオナニー欲は別モノ!AV見ながら二刀流でヌク!オカズはナチュ!▼ついに登場、期待のロリ系ドS美少女・涼海みさが朝っぱらから激烈変態トーク!オナニー中に緊急停止「ウソ!あたし!ダメ!」【ロングインタビュー第1回】

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 

今週もオナニーの話から!?

――オナニーの話でエンジンもかかってきたところで…

涼海 初オナニーの話しなくて大丈夫ですか? 盛り上がるかわからないけど…(わざとらしい弱気声で)

――そのフリ、絶対面白いネタ持ってるでしょ~!

涼海 初めては確か14歳くらいだったかなー。何の気なしにヤってみようかなって触り始めたんですけどあんまりよくなくて。「こんなもんかー」で終わってたんですよね。特にSEX覚えてからはそっちばっかりになっちゃって、ますますオナニーからは遠ざかってしまいまして。

――あれ、本当にしんみりペース! でも今は「週何回してるかわかんなーい」というハマりようじゃない。いったい何が!?

涼海 なんなんでしょうねえ、あははははは!

好きではなかったオナニー、でもきちんと向き合ってみたら…

涼海 好きでもないし、全然してこなかったオナニーに改めて向き合ったきっかけが、デビューしてこのお仕事を始めたことなんですよ。撮影で「オナニー見せてください」って言われてもどうやっていいか知らないし、オナニーでイッたこともないからどんな表情を見せたらいいのか分からないでしょ? これはちゃんと気持ち良さを知らなきゃいけないな~と思って始めたんですね。

――いいお仕事をするために…えらいぞ!!

涼海 だからデマンドさん専属時代、デビュー直後の出演作で見せていたオナニーは相当にぎこちなかったと思います(笑)。

――そのウブな雰囲気で、みさちゃんのことをみんな好きになったんですよ~!

涼海 (親指をグッと立てながら)うまくいきましたね!

――カワイイから許します(笑)

涼海 でも、そこからオナニーの本当の良さが分かるまでしばらく時間がかかったんですよ。いつだったかな…ホントふとした拍子で、同じところを触ってるのに「なんか気持ちいいぞ~」だとか、エッチの途中で「わたしクリよりも中の方が感じるんじゃない?」なんて気づいたり(※第1回参照)、日々これ発展♪ 多分、そういう意味ではAVデビューしてからもしばらくは身体は開発しきってなくて、発展途上だったんだなって思います。

――そういう自分の身体の開発度がわかるのも…

涼海 オナニーのおかげです(キリッ)。お仕事で得た経験値もそうですけど、ちょっと年を重ねて感度があがって、何をしてあげると身体が嬉しいのかもわかってきたのも大きいんだと思いますよ(しみじみ)。

オナニーが私にくれたもの、また一歩強くなる!

――オナニーしていてよかったことは?

涼海 エロのポテンシャルが上がった! というか、オナニーして感じまくってることが「おお…自分ってなんてエロいんだろう…」みたいな自信につながりましたね(笑)。これはお仕事をしていく上でも女としても大きなプラスでした、自信というかエロい自分を受け入れて、誇れる強さというか!

――なんかちょっとイイ話だな!話題を変えよう!

涼海 ちょっとーー!イイ話させてくださいよ!あとは…性感帯が増えたかな。指先への刺激からエッチを無意識に連想するようになったのか、チロっと舐められただけでも感じるようになりました。結果、オナニーもSEXもますます楽しくなりました。ありがとうオナニー!!

――いいことづくめじゃないですか!

涼海 ただね、オナニーでイクとその日はSEXしてもなかなかイケないんですよ。たぶん、オナニーって本当に気持ち良すぎて欲求不満がまっさらに解消されてるんじゃないかな~(笑)。

――フルチャージされたアクメパワーを全部使い切るオナニー!

涼海 それか普通の人の数倍、賢者モードが長いんだと思う(笑)。

――SEXしたいな~って気分も失せちゃったり?

涼海 うーん……それは相手の男性次第ですね~、カワイイ子を見るとしたくなっちゃう。賢者モードだからこその余裕でこっちから誘惑したくなるし、その上でとことん楽しんじゃおうみたいにガツガツしちゃうところはあるな~。

――やー、本当にドスケベですね!

涼海 うん、エロさについては本当に自信あるんですよっ(笑)。

次のページへ
勢いでやっちまった件。

関連キーワード