JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

S1専属新人女優・吉高寧々のスマホ待ち受けはあのAV女優。昨年のAV OPENグランプリ高橋しょう子の姿に感動してAV転身を決断!担当Pも登場!「やるんだったら中途半端ではなくとことん!」【ロングインタビュー第2回】

国民的アイドルグループ出身の三上悠亜ちゃんや、グラビアアイドル出身の高橋しょう子ちゃんは鳴り物入りでAV女優に転身し、爆発的なヒットを記録して話題になりました。

 今回「AV
OPEN 2017
」(以下、AV OPEN)にエントリーする吉高寧々ちゃんは、芸能界でもトップクラスの美貌の持ち主と言えるが、前途に広がっていた輝かしい未来を捨てAV女優になることを決心しました。テレビや雑誌で人気者になっていたかもしれないのに。そんな吉高ちゃんの突然のAVデビューは、前者二人とは別種の事件だと言えるでしょう。

彼女は、なぜ異色の道のりを経てまでAV女優になることにこだわったのか。今回はE-ZE!WATANABEプロデューサーも交え、寧々ちゃんがAV業界入りしたワケを探ってみましたた!

じっくり最後までご覧ください!

(インタビュー・文/青木タロウ)
(協力/S1 NO.1 STYLE)

【バックナンバーはこちら】

S1のAV OPEN主演女優・吉高寧々が登場!国民的アイドル級の美貌と天真爛漫な性格をあわせ持った奇跡のグラドルがAV女優に転身!「私の長〜い舌でペロペロしながら見つめると皆暴発するんです♡」【ロングインタビュー第1回】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

◆AVへの憧れ……AV OPENに感動

ーーここからはプロデューサーも同席です。どうぞよろしくお願いします!

E-ZE!WATANABEプロデューサー(以下、P):お願いします。

ーーまずは寧々ちゃん、話を聞かせてください。そもそも、なぜAV入りしたのでしょうか。きっかけは?

吉高寧々(以下、吉高):私が今まで人生で何かやり切ったことがないんです。勉強も部活も中途半端だったんです。何か一つ「本気でやり切りたいな」と思っていた時にAV OPENのお話を頂いて、チャレンジする覚悟を決めました。

ーーグラビアアイドル1年目でのAV転身。ファンから見て「だいぶ思い切ったな」という印象があります。

吉高:グラビアのお仕事はスゴく楽しかったです。ただAV OPENの話を頂いた時、今まで人生でそういう大きな大会に出たことがなくて、オファーを頂けて「ありがたいな」と本当に嬉しかったんです。だから、やってみることにしました。もちろん、グラビアアイドルの期間が「短い」と感じるファンの方はいらっしゃると思います。でも、自分の気持ちを優先させて頂くことにしました。

ーーAV
OPEN
がご自身の中で大きかったと。

吉高:はい。すごく悩んだんですけど、AV OPENが一つの大きな目標として覚悟ができました。

ーーAV
OPEN
に対する思い入れが強いように感じます。

吉高:オファーをもらった時、昨年のAV OPENの動画を見させてもらったんです。その時「スゴいな、私もここに立ちたいな」と思って。

ーーたしかに、AV OPENの表彰式はきらびやかなステージですよね。

DMMニュース編集:スゴいですよ〜、とんでもなくきらびやか。昨年はMOODYZの高橋しょう子ちゃんがグランプリを始め7冠を獲りました。


ーーたかしょーさんの晴れ姿や涙を見て感じるところがあったんですね。

吉高:たかしょーさんに感動しましたし、「この舞台に出られる!」と思うだけで感極まりました。それで「あ、私はAVでチャレンジしてみたいんだな」と自覚しました。

ーーたかしょーさんに引き続き、寧々ちゃんもグランプリを獲りたい。

吉高:はい、ぜひ獲りたいです!

次のページへ
AV女優になるということ。