JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

精液は飲む以外に選択肢を知らなかった天然娘…かと思いきや、ギャルJKがかわい過ぎて思わず触りそうになっちゃたり!?かなりこじらせたエロ根性の持ち主、新作~撮りたて超新作の情報もアルヨ!! 【本中新人・音ノ木さくらインタビュー最終回】

マイペースでなんにも知らないような清純な顔して
じ・つ・は
ロマンあふれるむっつりロリ娘、音乃木さくらちゃんのインタビューもいよいよ最終コーナー。
発売を控える新作のお話と今後の展望を…って、
実はヘンなスイッチ入っちゃったみたいよ!?

◆前回のあらすじ
営業終了後のメイド喫茶でオーナーに手を出されるメイドさん!おとなしそうに見えて結構ヤッてる!本中専属デビューの新人のスケベポテンシャルとは!【音ノ木さくらインタビュー】

中出しされまくりデビュー作はおじさん男優のねっとりエッチに翻弄されて…▼おとなしそうな顔してワンナイトもアリ!?14歳の初体験からAVデビューしてくるまでにしてきたセックスを思い出し語り!【本中新人・音ノ木さくらインタビュー第2回】

オモチャ責めから公開オナニー、縛り、パイパン…おねだりされたら何でもやっちゃう!?底無し少女も男優さんのテクにはおもわず開眼!?デビュー作には本人も大・大満足です!【本中新人・音ノ木さくらインタビュー第3回】

新作はエッチ生配信にハマったJKのオフパコ乱交でーす!


――デビュー作でやろうと思ってやれなかった心残りはない?

さくら いや、でもはじめの1本で全部やっちゃうのは…あ、でも制服着てみたかったんですよ。2本目が妹役だったので着れたんですけど…………ブレザーだったんですよぅ! セーラー服はアニメで観ても憧れだったし、友達と「二人でセーラー服着てデートしたいねっ」なんて言いあったりしちゃうくらいいつか着てみたいお洋服です! でも、これはこれからのお楽しみにしておきますっ。

実の兄が主催する妹の危険日狙って中出しオフ会

――熱く語ってくれましたね、ありがとうございます! さてさて、2本目の話が出たところで、ちょっとこれからの音ノ木さくらの展開はどうなるのかを聞いちゃいましょー。


さくら
 お兄ちゃんと普段から仲良しでニ○生みたいな生配信をやってる兄妹の話です。

――おっ、ちょっと甘甘でイチャイチャ系ですかね。

さくら いつも観てくれる常連さんとオフ会をやったら、来た人たちにヤラれちゃって…それをお兄ちゃんに撮られてるみたいな。

――予想を嬉しく裏切るハードさですね!!

さくら えへへへへっ、すごかったです(はにかみ顔)。最後のコーナーは5人くらいいたような、ちょっと…ちょ~っと一度にお相手するには多かったですね。でも、なんかワイワイしてて楽しいな~って思いました、みんなで一緒に何かするのっていいもんですね(笑)。

――そんなところで人とのコミュニケーションの良さを再確認したみたいな顔!

大忙しの乱交プレイはこう乗り切った!


――でも同時に何人も来たから、男優さんごとのサイズの違いやら個人個人のテクニックの差なんてのも違いとか比べられたんじゃない?

さくら でも、とにかく忙しかったんであんまり覚えてないんです。デビュー作でも3Pはありましたけど、こんどはじっくり様子を見ている余裕もなかったし…これはそれどころじゃなかった、忙しかったです!。

――目の前にワーッてチンチン殺到するじゃん、どれから舐めたらいいのか迷わなかった?

さくら ちょっとでも迷うと動けなくなっちゃうなと思ったんで、完全に見た目の好みで行きました。みなさん元気にはなってるんで、その中でも口に入れやすくて舐めやすそうな…大きさ、形、あと固くなりすぎてないものを。

――ギンッギンで反り返ってるようなのは?

さくら やっぱりカラダちっちゃいんでプレッシャーですね…あとはその時その時のコンディションとテンションと、「これ舐めたい!」っていう本能に従います!

――とかやってるともう片方が寂しそうにしちゃったりするし…大変だよね。

さくら そうなんですよ、配分が難しかったです。「こっちも舐めて」なんて声をかけてくれた時にはっとして切り替えたりもありました(苦笑)。

――たとえばバックで入れられてる最中に目の前のチンチンもフェラしなきゃいけないなんて時はどっちに集中すればいいのか分からなくならなかった?

さくら わたしはもう目の前に集中してました。下半身は私が何かしなくても気持ち良くしてくれるので、それは流れに身を任せて(笑)。

――ブレないねそのスタイル!! でも、男優さんの息が合ってるのすごくなかった?

さくら そう、そうなんですよね(うれしそうに)。慣れてらっしゃるのもあるんでしょうけど、責める人とサポートにまわる人がちゃんと切り替わってて、「気持ちいな…(目をつぶる)」って気を抜いて、振って気がついたら別の人になってたりして(笑)。たぶん、観ている人も見あきないと思うんですけど、あの長い間ずっとヤラレている私もずっと気持ち良かったし、もちろん飽きませんでしたよ(笑)。

――もしかしたら、一番「プロだなー」って実感したのが3Pやら乱交なんじゃない?

さくら あーっ、インパクトあったし。そうかもしれないですね。

次のページへ
誰に教わったの?ごっくんなんて。

関連キーワード