JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

実技の説明がマジでエロい!「フェラはパクッと行ってからソフトクリームみたいに舐めます❤」緩急が自慢の舐めテクに「騎乗位でクリクリ❤」という腰使い♪エッチな説明もさすが元女子アナ!【プレミアム専属・山岸逢花ちゃん超ロングインタビュー第3回】

バックナンバーはこちら

デビュー作の初エッチでは壁まで潮を吹き飛ばして感動しちゃった元地方局女子アナが登場!いちばん好きな体位は騎乗位❤清楚系美女なのにエロすぎるギャップがハンパない!!【プレミアム専属・山岸逢花ちゃん超ロングインタビュー第1回】

真夜中の公園、芝生の上で…「フェラも青姦もシちゃったんです」と青春の想い出を語る!「デパートの男子トイレでも❤」元女子アナの美しい顔から飛び出す意外な経験談たち!【プレミアム専属・山岸逢花ちゃん超ロングインタビュー第2回】

気持ちイイことにはまっしぐら。しかし、そのエロの貪欲さに上品さがあるところが魅力です。やってることはかなりエロいんだけど、サラッと爽やかに語り強烈な印象を残す。さすが元女子アナ、話術もセックス力も高いです。今回は実際にしたことのあるフェラや体位を細かく教えてもらいますよ。

○●○●○●○●○●○●○●○●

――けっこう早い時期から気持ちよさを感じていたみたいだけど、プライベートで最高に気持ちよかったセックスは?

逢花 いちば~ん、ですか。それは最近ですね。すっごい硬かったんですよ。

――ズバリ、オチンチンそのものが違った。愛情の差とかじゃないんだ。

逢花 えへへ。その人は激しかったんですよ。

――硬いので激しく突かれるのが好きなの。

逢花 そうですね。

――「こんなものか」で始まったのがそこまで成長した。

逢花 はい。うふふ。

――だったらどんなオチンチンがいちばん気持ちイイかも分かるよね。

逢花 あっ、でも、あんまり…。ジャストなサイズがあって…。

――長さはどのくらい。

逢花 このくらい。(手で示す)

――15、16㌢くらいか。標準よりやや大きめで…。太さは。

逢花 太さは…そんなに太くなくていいです。標準的な感じが…って言っても標準がよくわからないですけど。あはははは。

――長さや太さより硬さが大事だと。

逢花 硬さ…が大事かもしれない。

――あっ、このオチンチンは気持ちいいっていうのは挿入した瞬間にわかった?

逢花 挿れて…。動かしてる時の感じですね。今までと違うと思いました。

――硬いぞって。それともいいところに当たるみたいな。

逢花 そうそうそう。どっちも。

――でもナカイキはできなかった。

逢花 至らなかったですね~。

――気持ちいいけど、クリでイク感じとは違ったんだ。

逢花 そうなんです。

――激しいって言ってたけど、それ以外にほかの人と違う点はなかったの。

逢花 ああ。言葉とか…。

――言葉責めされた。

逢花 責められるというよりは「気持ちいい?」って聞かれたり…。

――「ここがもうグチョグチョになってるよ」とか卑猥系じゃなくて?

逢花 あっ、そういうのも言われてました。

――実況的な。「こんなに乱れちゃって」「エロい顔してるなぁ」とか。

逢花 うんうん。

――そういう自分の感じてる姿を言葉にされて聞くのが好きなの。

逢花 好きなんです。弱いですね。

次のページへ
逢花ちゃんも淫語を…?!