JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

中学時代から電マ党のドスケベ娘もプロの電マ使いにブチ壊れアクメで悶絶!?デビュー作の撮影を終えて振り返る、「デビューしてよかった」トーク。今週もノーブラです!! 【アイポケ新人 乳咲杏ロングインタビュー第2回】

ちょっと変わった名前の秘密は、乳首を押すと「アンッ♪」って絶対に声が出ちゃうから…という杏ちゃん!
初撮影は緊張しきりとは言いつつ、現場までノーブラにニップレスでやってきて、メイクさんに衝撃を与えたなんてトリビアもありつつの第2回!

◆前回のおさらい◆
「ノーパン、ノーブラが定番」というドスケベセクシーGカップ新人あらわる!予約の取れないエステ嬢のマル秘マッサージの秘密~潮吹きのマジバナしちゃいます!【アイポケ新人 乳咲杏ロングインタビュー第1回】

女優さん名前もポンポン飛び出す!マジでAV観まくってますね~

――杏ちゃんってAVもエッチなものというより、単純に面白がって見てそーなイメージなんだよね。

 それ、合ってます! AVというかAV女優さんが好きなんですよ。やっぱり男性の性欲に直接アピールできるセクシーさ…これがなにより大事なお仕事じゃないですか。それって、TVタレントさんよりもっとシビアな世界だと思うし、だからこそ女として魅力的でカワイイ人はAV女優さんの方にこそ多いと思ってます!

――好きな女優さんは?

 アイポケさんだと桃乃木かなちゃんとかティアちゃんが好きです!

――わりと目鼻立ちくっきりで顔ちっちゃめの可愛い系が好きなのかな?

 そうかもしれないですねー。かなちゃんは本当に可愛いですよね~! わたし、一度好きになるとその女優さんばっかり何本も観るんです! 単純にアイドル番組を見ているような感覚なんで、いやらしい目では見てないですー。

――ホントにぃ~?

最近衝撃を受けたAVは…い、意外と過激なの観ちゃうんですね!

――いやでもさ、なかには思わず…ってのもあんじゃない?

 たまに…ありますね、あはは(笑)。松岡ちなさんの作品で、ファンと一緒にバスツアーに行く奴があったんですけど、すごく妄想捗りました! ちなさんが好きで観てみたんですけど、設定?企画?シチュエーション?が私にとっては刺激的でした~♪「きっとイベントでも地なちゃんとこのファンの方々は顔を合わせてるだろうし、お互いどんな気分なのかな~」なんて気になっちゃって、ドキドキですよ!

――本当にAVが好きな男の子の目になってるよ(笑)。好きなAVのジャンルってある?

 いろいろ観ますよ! 最近、一番衝撃的だったのは野菜を突っ込むみたいな!

――異物挿入!! いきなりハイブロウなの来たな!!

 エリンギも入れるしキュウリも入れるし、ニンジンにちくわ…いろんなもの入れてるんですけど「お、男の人はこれでも興奮するのか…すごいな」なんて謎が!

――男の子の欲望は無限大ですからネ!! ちなみに杏ちゃん入れてみたいのある?

 えっ、やっぱりちんちんがいい(笑)。お野菜はおいしく食べたいですね♪

――新人らしい優等生なご回答ありがとうございます!!

 メンズエステではいろいろありましたけど、AVの世界は広いし、男の人の欲望も深いってわかりますね…知らないことが多すぎて私なんてぜんぜん甘いんだな、なんて思っちゃったりもします (苦笑)。体験したことが無い未知のエッチ、こうしてデビューしたからにはいろいろ試してみたいんですけどね♪

――いろんなことしたくてしょうがないんですね!

 もう好奇心が抑えきれませんっ!

――かなり積極的にAVを観てきたことを考えると…今回のデビュー作はかなりあっさり感じたんじゃない?

 AVだからもっと色々ヤレるんじゃないか…とかですかぁ? 正直、ちょっとだけ(笑)。なんて、いまだから言えますけど撮影している最中はいっぱいいっぱいでしたね…

――というわけで、またデビュー作を振り返ってみましょう!!

女子中学生がAV女優イカセ殺しのあのアイテムでオナニーを!?

――デビュー作としてはなかなかエキサイティングなおもちゃ責めもありましたね。

 あっ、これはね…オモチャだけならまだしも、ローションのぬるぬると同時にキたのが新鮮で、思わず興奮しちゃいました。

――これピックンピックンしてましたねえ。普段からオナニーは好きなの?

 いまはだいたい週3ペースかな。したくなるタイミングが急にくるので、もっと多いかも(笑)。

――いいですね、頼もしい! 初オナはいつだったんでしょ?

 中学生くらいかな。はじめたきっかけは何だっただろう…指でイジってたら気持ちいいなというのに気がついて、ハマり。

――よくあるパターンですね。

 そこから電マで…

――早い早い!!

デビュー作でも電マ責め…男優さんに使われると違う!壊れる!?

 電マっていってもあれですよ、オモチャみたいなちっちゃくてかわいい奴ですよ~。家族にバレたら恥かしいじゃないですかぁ~。

――家族みんな裸族(※第1回参照)とはいっても、オナニーまではオープンにしてなかったんですね!


 さすがにそうですよお~…でもあの頃のオナニーは、いまと違って悪いことしているみたいでドキドキ気持ち良かったなあ(うっとり顔)。

――でも、覚えたてでいきなり電動なんて刺激が強烈だったんじゃ?

 最初はね!「わーっ、痛キモチイイ!」みたいな、刺激が強すぎてすぐにジンジンしちゃってたんですけど、すぐに慣れちゃってちょうどよくなっちゃいましたね(笑)。

――あ~…逆に刺激が足りなくなってより強烈なものに…

 おかげさまで、いまはおっきな電マを愛用してます(笑)。ただ、やっぱり電マだとすぐイッちゃいますね…早いと1分かからないかな。「うわーっ、もうだめだー!」ってキちゃう。で、余韻があるうちにもう一回、もう一回ってしちゃうからいつもヘトヘトなんですよ♪

――でも、デビュー作観ている限りセックスでもすぐイクよね?

 バレバレですね! でもセックスと、オナニーで使う電マと、男優さんに使われる電マはそれぞれ気持ち良さは別物ですね。いちばん強烈なのは男優さんに使われる電マ!

――同じ電マで何が違うんです?

 自分で使うときはイキそうになったら勢いゆるめるし、イッたら小休止だとか手加減するじゃないですか。それが男優さんの場合は常に快感マックスで責めて来ちゃうんだから、もう…壊れちゃいました♪ メチャクチャ悶えて暴れまくっちゃったと思います(笑)。

――気持ちいいのはいいことです!

 いやー…潮吹きなかなかできなかったのが悔しいですね。普段ならもっとスムーズに吹けるんだから、もっと肩の力が抜けてれば1段階上のイキ狂いっぷりが出せたのに~。

――自分のエロに容赦ないですね、いいよその感じ!!

顔射の感想プリーズ!肌触り、匂い、そして味は??

――そして締めくくりは顔射コーナー!

 もしかしたら、緊張しっぱなしだったあの日の撮影の中で一番素顔の自分が出ていたところかもしれませんよ!

――飛んでくるザーメンにビックリみたいな?

 顔に出されるのは理解していたし、何が起こるかも分かっていたんですけど…やっぱり実際に体験すると「ファッ!?」てなりますね(笑)。わたし精液の感触は好きなんですけど、口の中や手じゃなくて顔だったので、ちょっと最初はピンと来なかった。最初に「あ…あったかい」が来ましたね。

――温度から来たか。匂いはどうじゃろ?

 それがそんなでもなかったんですよ、むしろ好奇心は「舐めちゃおっかな~」って方で、思わずチロッと舐めちゃいました(笑)。

――その隠しきれないスケベさはいいね! 慣れてきたら、そういうエッチに積極的でいたずら好きな杏ちゃんが見れそうな!

 ウフフ、ご期待ください。

現場で褒められたのはテクニックと、そして…

――で、デビュー作を振り返ってどうですか。もちろんやり残したこと、惜しかったことはいっぱいあると思うけど。

 不思議な感じでしたね、最初についてくれた男優さんもアイポケのAVで見たことのある方だったので「あっ、この男の人AVで見たことある! キャー本物だ!!」みたいな、ちょっとそこで喜んじゃう自分が面白かった(笑)。

――うわッ、それ最高。

 あとは、「お尻がきれいだね」って監督さんや男優さんから褒められたのが嬉しかったですね。やっぱり憧れていた世界のプロの人たち、みなさんいろんな女の子を見てきた方なのでそういう方々に褒められるとちょっと舞い上がっちゃいますね(笑)。

――杏ちゃんカラダの全パーツのレベル高いけど、それだけにお尻のラインの良さが際立つんだよね~

 嬉しいです!そうだ…終わった後、監督さんが「上手だったよ」って言ってくれたのもすごい嬉しかった。いつものようにカラダが動かない事がプレッシャーだったので、その言葉で救われちゃいましたね。

――たくさんの人に囲まれて緊張もあっただろうけど嬉しいこともいっぱいあったみたいだね!

 本当ですね、ありがたいなー。

デビューまでの2年間、いろいろ悩んだのだ!

 たしかにAVは好きで観てきたけど、それがどんな現場で撮っているかなんて考えたことが無かったんですよね。だから今回、男優さんや監督さんのほかにたくさんのスタッフさんがそれぞれの仕事でベストを尽くして頑張っているのを目の当たりにして「やっぱりすごい世界なんだな」なんて感動しました。

――新人女優・乳咲杏のためにたくさんのスタッフが動いてくれたんだもんね。

 …わたし、お店で働いている時から2年間、AVのお仕事に興味はあったのに「こんな私が女優なんて役不足だよ…」と「でもやってみたい…」のせめぎ合いでずーっと悩んで答えを先送りにしていたんです。

――そうだったんだ…

 その間「向こう側にいって、やっていけるのかな」なんてことばっかり考えてAV観てたんですね。実際はもっといろいろ考えちゃったけど、もう何を悩んでいたのかはポンと抜けちゃいましたね(笑)。

――デビューして、女の階段ひとつのぼれたのかな?

 うふふー、本当に気持ち良い最高の経験をさせてもらえました。こんな機会を頂けたアイポケさんにはとっても感謝しています!

ノーパンノーブラがお約束~の突きぬけたお色気スケベちゃんかと思いきや、意外にウブな撮影当日のエピソードでしたね。
第1回からはちょっとイメージが変わった方も多いのでは?
大丈夫です、来週17日更新の第3回ではまたまたお気楽エッチトークが再燃!
プライベートのお話、エロエロ飛び出します!

◆Twitter

アイポケ(@IDEAPOCKETTER)

乳咲杏(@chisaki_ann)

(インタビュー・文/豆あき)

関連キーワード