AVに対して真面目でありたい!と熱く語るイケメン俳優に伊東ちなみもキュン❤?「AVデビュー作は冒頭インタビューが重要です!」よく見てるぞこの男!【俳優・渋江譲二×AV女優・伊東ちなみ対談・第1回】 (1/3ページ)

2017.05.08 20:00
タキシード仮面様ぁ!
タキシード仮面様ぁ!

驚きの対談が実現!ツイッターから始まる お仕事もある!

普段おもしろ呟きを行っている俳優さんが、ある日AV女優さんを讃えるツイートを行いました。それにいち早くMOODYZ公式アカウントが反応。私たちDMMニュースR18をも巻き込んで(巻き込まれて)、ついに対談する運びとなりました。 

すげぇな。SNSって。

ということで!本編の前に対談する2人のプロフィールをご紹介します。



あ、コント始まっちゃったwww

渋江譲二(しぶえじょうじ)

1983年生まれ。俳優。
テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面役や、『仮面ライダー響鬼』の威吹鬼(イブキ)役で鮮烈な輝きを放ち一躍有名に。
その後もNHK『梅ちゃん先生』や土曜ワイド劇場『人類学者・岬久美子の殺人鑑定シリーズ』を始め、映画・舞台と幅広く活躍。『相棒』や『科捜研の女』などサスペンス系のドラマで重要な役どころに多く起用される。最近ではAbemaTVのドラマ『特命係長 只野仁』でオッパイ好きのエリートサラリーマン矢村京介役を好演した。 

5月はTBS系列ドラマ『ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』5話6話に出演する。
公式ブログ:http://yaplog.jp/shibue-jouji/
公式ツイッター:https://twitter.com/shibue0315

伊東ちなみ(いとうちなみ)

1996年生まれ。AV女優。
2015年9月に『現役女子大生!!サワカワ18歳AVデビュー!!』でMOODYZよりデビュー。大ヒットを記録し、翌年のDMM.R18アダルトアワード2016で最優秀新人賞にノミネートされる。
現在もMOODYZ専属女優として月一本のペースでリリースを続け、今年の9月で2周年を迎える。

昨年10月には写真集『日本一かわいいハダカの女子大生』(講談社)を発売。さらなる活躍が期待される逸材中の逸材!
公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/ito_chinami/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●


(聞き手/カトウカジカ)


――対談の発端は、渋江さんのツイートから。まず伊東さんコチラをご覧ください。


伊東ちなみ(以下、伊東) 性格の良そうなセクシー女優さん……。とても恥ずかしいです(照笑い)。そ、そんなことないですよ!!



渋江譲二(以下、渋江) いやいや、もう性格の良さが作品から溢れていますよ。男優さんとの会話やプレイ内容から読み取れます。お会いして「僕の直感は間違いじゃなかった」と実感しています。

伊東 とんでもないです…(笑)。

渋江 ……。……。いやぁ、可愛いですねぇ、完全に。

――渋江さん、あまり目を合わせないですもんね(笑)。

渋江 だって恥ずかしいですもん(苦笑)。

伊東 私もどこ見ていいか分からないです…(苦笑)。

渋江 僕は現場で女優さんに会って「ちょっとイメージと違う…」って思ってしまうことも時々あるんです。でも伊東さんは僕の直観そのままの方でテンション上がりました(笑)。

伊東 落とさないように気をつけます(笑)。

――渋江さんは「伊東ちなみ」作品はいつ頃からご覧になってますか?

渋江 彼女のデビュー作からです。冒頭、地下鉄から駆け上がってきて、日傘をさしながら町中を歩くんです。ここで一度停止しました。その上品さに目を奪われて……。「これはAVだよな!?」「この上品なお嬢さんが、これからエッチなことするのか?」って再確認しちゃいましたもん(笑)。

――冒頭も“観る派”なんですね。

渋江 冒頭インタビューは重要です。特にデビュー作は絶対で、その娘の緊張感、性体験などなど……絶対にしっかり聞きたい。その後の自分の興奮度にも関わってくるじゃないですか。もちろん、中には「ウソを語ってるな、この娘は」「スタッフが作り込んだ設定だな!」とか見極めたりもしますけど(笑)。

伊東 アハハハ、真剣ですね(笑)。

渋江 当たり前じゃないですか、AVに対してはマジメでありたいんですよ。

――AVに対してマジメな俳優さん。

次のページへ
何かに対して熱い男はカッコイイ。

全文を読む

トップへ戻る