JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

極寒の中で女性陣が体を張って過酷ロケ!ほぼ全裸に近い格好で床に倒れ、血と臓物を浴びる!?【三代目葵マリーの『未来世紀アマゾネス』撮影現場レポート】4月末に第16回東京電撃映像祭を阿佐ヶ谷で開催!

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

毎度おなじみ!三代目葵マリーさんの人気連載です!今回はあの映画!撮影現場の秘話を告白しちゃいます!

※DMMニュースの記事本文を別サイトやブログへ無断に掲載・転載するのはおやめください。転載をご希望される場合はお問い合わせフォームにその都度お申し込み願います。
ツイッターでの拡散はご自由に!ぜひお願いします!

【『未来世紀アマゾネス』上映イベントやりますよー!】

第16回東京電撃映像祭【未来世紀アマゾネス】上映イベントが決定しました。

やっと、皆さんにお披露目する日が来ました!

思い起こせば昨年末のこと。クソ忙しい最中、友松監督からのお仕事ってコトで安易に軽く引き受けてしまったのが地獄の始まり。

撮影当日。超快晴。絶好の撮影日和。

朝6時集合。向かう先は木更津の、以前は老人ホームだったところ。ここ大事だからもう一度言います。

老人ホームだったところ”です。

この日は撮影自体はすでに3日目。ツイッターやらフェイスブックで撮影の状況をなんとなく目にし、耳にはしていました。もちろん、良い情報ではないんですが・・・。

ロケバスはいたって賑やか。女子だらけでまるで遠足。その中に、連日キャストとして入っている青山真希さんもいました。

真希姉が朝一、開口一番に言ったのは「今日の控え室は屋根があるだけマシですよ」でした。

え? 何それ? 

昨日までは、工場の廃墟? みたいな場所が控え場所で、電気も通ってなかったようで・・・。

で、暖を取る事が出来なくて寒かったらしいです。なんだか大変だったんだな、と話に聞き入ってました。

が・・・。

話を聞いてるうちに何かがオカシイことに気が付きました。

今日の撮影現場は老人ホームだったところ。いいですか? 「だったところ」なんです。

って事は、現在は使用してないってこと。

そうです。まず水道が使えない!
水道が使えないってことは水が無いってことで、お湯も無いってこと。

つまり・・・

トイレもシャワーも使えないってこと。

うーん。なるほど。真希姉に「トイレってどうするんだろう?」と聞いたら「道の反対側に新しい老人ホームがあるから、そこで」と。

そっか、なら良かった。

が、真希姉の話は続きます「そこは夕方の6時までしか借りられないので、それ以降は野ションか、ちょっと離れたコンビニまでw」と。

この時点で私の決意は固まった。

私は野ション!!!

次のページへ
どうなるの?

関連キーワード