JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

「今思うとやる気がなかったんです(笑)」人気急上昇のビンカンGcup美巨乳娘・斉藤みゆ初インタビュー!仰天デビュー秘話からAV女優に覚醒するまで…【斉藤みゆインタビュー第1回】

昨今は乙女なスレンダー系女優の人気が凄まじいですが、逆襲するかのようにポツポツとブランニュー巨乳娘が出始めております。そんな中、全おっぱい星人が注目しているだろう斉藤みゆちゃんに初インタビュー! そのルックスからほんわか~なお話に終始するかと思いきや……全くそんなことない超アグレッシブなインタビューとなりました! ロリ好き、巨乳好き、ハードプレイ好きの人は必見ッ!

――本日はよろしくお願いいたします。斉藤みゆさんの情報をどこから仕入れようかと思ったんですけど、公式ホームページがあるんですね。趣味は読書とネットショッピングとアイドル鑑賞、性格はおっとりマイペース。ピアノをやっていて絶対音感があるとのことで、ブログでは「ピアノ買っちゃった」なんてありましたけど。

みゆ ありがとうございます。4歳から高校3年生までやっていました。

――今は普段どういう生活をされてるんですか?

みゆ どういう…?

――AV女優が本職? それとも学生か何か?

みゆ いや、他の仕事もしてます。

――それは普通にOL的な?

みゆ フリーランス的な感じで…。

――えっ!

みゆ なので会社員では無いんですけど…。空いた時間で仕事をしてる感じです、撮影が無い時間で。

――今撮影は月にどのくらいやってますか?

みゆ 月にだと10ちょいぐらいかな。

マネ 20は入ってないぐらいですね。

――めちゃめちゃ売れっ子じゃないですか! デビューは2016年の3月という事なんですけど、AVやってみようというきっかけはどんなところから?

みゆ 最初は全然(AVに)興味もなかったんです。昔はよく声をかけられてたんですけど、全部無視してました。でもその日だけなぜか分かんないんですけど、誰かと話したい気分だったんです。

――アハハ(笑)。

みゆ それで事務所に行って話してたら、トントン拍子で事務所に入ることが決まっちゃって。私、AVに興味は無かったんですけど、別に嫌でもなかったんですよね。脱ぐことも仕事内容ももちろん知ってましたけど、抵抗も無くて。その時は「何日に撮影できる?」って言われて、ヒマだったし、お金も別に困っては無かったけどあったらあったで嬉しいし、いっかなーって本当に軽い気持ちで。こんなことになるとは思ってなかった(笑)。

――みゆちゃん……イメージ通りですけど、ふわーっとし過ぎじゃないですか(笑)。

みゆ ふふふ(笑)。だから最初はそんなヤル気も無かったし、有名になりたいとも思ってなかったんですよ。

――初撮影はどの作品になりますか?

みゆ イメージだったんです。『AV無理 MAX』(未満)。

――どうでした? 脱ぐのも抵抗がないなんて言ってましたけど。

みゆ はい。この時は、脱ぐのが恥ずかしいっていうよりは感じてるのを見られるのが恥ずかしかったんです。

――いきなりきましたね(笑)。

みゆ ふふふ(笑)。そんな姿を仕事としてやってる人(=撮影スタッフ)に見せるっていうのが逆に恥ずかしくて…。

――なるほどね、みんな真顔でアングルがどうとか考えてますもんね。もっと男たちが「うへへ~」「エロいな~」って顔して撮ってくれてた方が良かったと。

みゆ そう、そっちの方が…(笑)。でも皆冷静で…。

――この作品はどこまでするんですか?

みゆ これは結構過激なイメージで、オモチャ責めと疑似ガラミっていうかハメてるイメージまでですね。

――その中で一番気持ちよかったのはどこですか?

みゆ え…、気持ちよく…は無かった…(笑)。

――言ってしまえばフリだったわけですね。電マを当てても恥ずかしさの方が勝ってた感じ?

みゆ 今思うと、あんまり当ててなかったと思うんですよ。

――結構冷静に覚えてますね。

みゆ はい。あんまり緊張とかはしなかったですね。

――へえ、じゃあAVの方が緊張した?

みゆ いえ、それもそこまで緊張はしなかったんですよね~。

――大物だなあ。普段もあまり緊張しない人なんですかね、みゆちゃんは。

みゆ 普段は緊張しますね。多分AVはすぐ辞めるつもりだったし、あんまり重く考えてなかったんですね。

――ちょっと行って脱いでって気軽な感じ?

みゆ そう。気軽でした。というかヤル気がなかったんですよね(笑)。

次のページへ
AVデビュー作は…