JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

頑張る野球選手から、桃乃木パイセンまで激写する生粋のカメラ女子は撮られるのは超ニガテ?「私オナニーしていいんだ///」素直すぎるプライベート宣言、百点満点です!!【AV女優・大原すずロングインタビュー 第3回】

生真面目さゆえにこじらせてしまった処女エピソードにみんなが惚れた! DMMニュース記者のゲスい質問にもウッカリ答えてオロオロしちゃう!素直さとワキの甘さもカワイイと大評判の大原すずちゃん。今週はそのプライベートにズームイン! 

(インタビュー・文/豆あき)

【バックナンバー】
撮影終わりの「もう処女じゃない」が嬉しかった!衝撃のデビュー作処女喪失からのアクメ31発で話題のうぶうぶムスメが衝撃の初体験を振り返る!【AV女優・大原すずロングインタビュー 第1回】

まさかの○○○○未経験?!(処女なのに性欲が強すぎるのはハシタナイ!)と思い込む穢れなき少女のこじらせ処女トークに驚愕の連続!!!【AV女優・大原すずロングインタビュー第2回】

超ニガテ!?パッケージ撮影裏話!

――出演作のパッケージって改めて……ええと、なに自分の写真見て恥ずかしがってるんですか(笑)。どうです、撮られた自分の姿を見た感想は?

大原 正直、まだ自分じゃないみたいな感覚なんですよ。もともと写真に写りたがるほうではなかったので。いや~、こんな顔してるんだな~って(苦笑)。

――あとほら、メイクさんの存在もデカいんじゃない?

大原 自己流メイクとは違うから見慣れてないのはあるかも~。こうしてプロの方にメイクしていただく機会なんてそうそうないですし、これからじっくり教わっていきたいと思ってるんです。

――すごいすごい。ずっと自信なさそうにしていたデビュー前のお話を聞いてるから、今すごく前向きな女の子に見えますよ!

大原 ええ~っ、まだ「自信持てるように頑張ろう!」と思ってるだけで、実際にはカメラ向けられると緊張しちゃいます。(取材班の向けたカメラの前で縮こまりながら) きっと私、パッケージの撮影が一番苦手なんだと思います。

――すずちゃん! パッケージ撮影はいろんな女優さんが口をそろえて「大変だった」っていうくらいだから大丈夫だよ!

大原 (ホッ)そうなんですね。2作目のパッケージの撮影にすごく時間をかけてしまったので気になってたんです(弱々しく)。 これもベッドの上やソファに座ったり、ブラを外したり、いろんなパターンで撮っていただいたんですけど、緊張がなかなか抜けなかったのかな……

結局、最初のほうに撮っていただいたものになりました(笑)。

――なんだかんだ最初が一番よかったっていうのは……まあ、ありがち!

大原 あとマネージャーさんがいると緊張しちゃうんですよ。

マネージャーさん よく「見ないでください」って言われますね(苦笑)。

大原 近い間柄だから、よけいに恥かしいんですよぅ……

――すずちゃんにかかると、マネージャーさんがチョイチョイ可哀想なことになるのはなんででしょう?(笑)(※第1回参照)

次のページへ
事務所の先輩の晴れ舞台でも・・・

関連キーワード