【業界最注目のAV分析!】AV廃人・くろがね阿礼が語る「綺麗なお姉さん市場」、プレステージの戦略分析!そして1月はどの新人ちゃんがハネたの?そして2月デビューの予約段階お気に入り数で占うヒットの行方! (5/10ページ)

2017.02.07 19:30

 ちょっとプレステージの流儀ということで長い前置きをしましたけど、今回はプレステージの新人、愛音まりあがMUTEKI、ムーディーズ、アイポケ、エスワンの新人を押しのけて高ポイントを獲得しました。

1月6日リリースで1176ポイントでの滑り出し。堺希美には大きく差を開けられましたけど現在7626ポイントで2位です。このペースって10月の新人の熊倉しょうこより速いです。すごく訴求力の強い新人だなというのが僕の印象です。ルックスはもう少し磨き上げる余地がありますが(伸び代があるということでもありますが)、彼女はこのままキャリアを続けて磨かれていけばプレステージ綺麗なお姉さん軍団の主力に成長するでしょう。男優大沢がエ?と驚くほどスイッチ入るのが早い子でした。緊張してますとか言うんですけど、撮影開始5分でもう首とか耳とか舐められて目がとろーんとかしてるんですよ。

首とか耳ってよほど行為に気持ちが入ってないとくすぐったい場所のはずなんですけどね~。凰かなめで2本10000超えを出したC:TAKERU監督だから展開は速いんだろうなと想像はしてましたけど、ここまでとは思いませんでした。しかしC:TAKERU監督って、新人女優のデビュー作で下着とワイシャツで登場させるのよくやりますよね。

「部屋とワイシャツと私の巨匠」の称号を差し上げたい。1月の新人はとっても豊作で、愛音まりあって見てのとおりかなりの美少女ですが、ルックスだけならこの子は目立たないなと思うんですよ。でも抜きん出てエロですよ。だから頭一つ抜けたのはまあ当然というところです。そう言えばよくAVは見るそうで、特に媚薬マッサージとかが好きなんだそうです。

 タナカ・ベーコン監督、この子エビ反りマッサージイケますよ!ナチュラルハイにいかがですか?

 

 正直言いましてMUTEKIのAiちゃん、全く期待してませんでした、ごめんなさい。だってパケがなんか悲しそうじゃないですか。売れるわけないよ、何考えてんだMUTEKI、勝負投げてんだろ、AVナメんなよ!って思ってました、ごめんなさい。

だってプロモーションが明らかに薄いし、何のケジメで元芸能人が出てきたんだろうって、それも僕のよく知らない分野の子だし、だったらもっとプロモかけて期待値上げればいいのにって。だから1月1日リリースで852ポイントでの滑り出し。MUTEKIの新人としてはぼちぼちといったところです。ところが、12月29日の東京大賞典の夜にグンと90ポイント上がって、リリース後の1月11日の船橋記念の時にも89ポイント上がりました。アポロケンタッキーとフラットライナーズを買った人たちがAiちゃんに突っ込んだんでしょうかね~、まさに競馬に愛された女です。

そして作品がユーザーに浸透していくにつれて右肩上がりに評価を上げていき、九重かんなを抜いて愛音まりあを追う6424ポイントまで来ました。何度も言いますが1月の新人はルックスのレベルが高い。元芸能人とは言えこの大豊作の1月デビューの女の子たちの中で、彼女は決して飛び抜けてルックスが良いわけではない。それなのにこの位置なのは、すごくエロいからです。作品内容の良さが伝わるにつれてポイントが上昇していくというのはそういうことなんですよ。僕も遅ればせながら見てみましたけど、すごくハードな作品でした。

2作目はkawaii*からリリース。彼女はアイポケとかエスワンというより、確かにkawaii*のブランドイメージが合っているなと思ってました。これだけデキる子ならAVで天下取るくらい狙って欲しいんですけどね。

 

次のページへ
そして九重かんな!

全文を読む

トップへ戻る