JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

人生を変えたAV転身!「監督、ワタシのおマンコきれいになりましたか?」くぱぁ!デビュー作のビチャビチャ音立てクンニで大興奮!▼「AVに出て良かった」って号泣した初イベント。【星美りか引退インタビュー第2回】

 12月にAVを引退することが決まった星美りかちゃん。りかちゃんは2011年に週刊誌『FRIDAY』でフルヌードを公開。同年にMUTEKIでAVデビュー。その処女作『決心』の裏側を赤裸々に語っていただきました。初々しさが残る当時の現場を思い出してもらいましょう!

(協力/KMP)
(インタビュー・文/尾谷幸憲)
(構成/DMMニュースR18編集部)

【前回の記事はこちら!】

星美りか引退インタビュー【第1回】

※DMMニュースの記事本文を別サイトやブログへ無断で掲載・転載するのはおやめください。転載をご希望される場合はDMMニュースのお問い合わせフォームにその都度お申し込み願います。ツイッターでの拡散はご自由に!ぜひお願いします!

アイドルからAV女優への転身


──さて、今回引退が決まったわけですが、これまでの星美ちゃんの歩みを振り返ってみようと思います。りかちゃんは元々、芸能人として活動していたよね。それはどういうきっかけで?

星美 15歳のときに原宿でスカウトされたの。それからグラビアやったり、『ヤングジ◯ンプ』さんの企画“全国女子高生制服コレクション”に出たり。『ヤングマ◯ジン』さんではグラビアアイドルユニットみたいなのをやったりもしてた。あとはドラマにちょこと出演さえてもらったり……。うん、やんわり活動をしてたかな。

──それがなぜ、こちらの業界に?

星美 いや、活動的に派手に見えても実際はやんわりだったの。なのでファンの方の数は少なかったりして、あんまり思っていたように活動ができていなかった。で、数年経っていろいろと迷っているときに、たまたま知り合った方から「AVのお仕事ってどう?」って誘われて。

──AV出演に関してどんなイメージがあった?

星美 ワタシ、中学校の頃からAVを観るのは好きだったのね(笑)。でも同じ『ヤングジ◯ンプ』さんの “制服コレクション”出身の板垣あずさちゃんが、週刊誌でヌードになったのを見て、すごくショックだった。「あー、そっちいっちゃうんだ……」っていう感覚があったの。だから、AVのお誘いが来たときも1年間くらい迷っていたよ。数は少ないけどファンの人が悲しむかな?とかいろいろ考えたりして。でも考えているうちに気分は変わってきた。「女の子に与えられた最大の武器が裸で、ワタシ、女の子に生まれたんだから、この武器を使わないでどうすんだ!?」って思った(笑)。

──デビュー作の『決心』というタイトルには、そういう意味も込められていたんだね。

「私のおマンコ綺麗ですか」と監督に確認くぱぁ

『決心』(MUTEKI201291日リリース


──デビュー作『決心』の撮影現場のことは覚えています?

星美 覚えてる、覚えてる! もうね、お姫様みたいに周囲のスタッフさんがすごく気をつかってくれた。あと衝撃的だったのが、「セペ」(商品名。使い切りタイプのビデ。アソコの中を洗浄するもので薬局に売ってます)。セペなんて使ったことないから、「これ、どうやって使うんですか?」って聞いたりして。でも、初めて使うからキレイになったかわかんないじゃん? だから監督にマンコを見せて「監督、これで大丈夫っすか?」って聞いてみたりして(笑)。

──監督にくぱぁ〜ですか!

星美 ちょっと恥ずかしかったけど、本当にキレイになっているかわからなかったし。

──で、初めてのカラミは?

星美 男優さんはベテランの方だったんだけど、前現場が押したのか2時間くらい待つことになって。(編集部註:AV男優は1日に多い時には3~4作品に出演する。その都度撮影現場を移動するので時々遅刻することも…)。これからカラミが始まる不安な状況で2時間だよ!?「ちゃんとみんなの前でエッチ出来るかな?」「演技も出来ないし、大丈夫かな?」って監督にずっと相談をしてた。

次のページへ
デビューの反響はどうだった!?

関連キーワード