JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

「あんまり綺麗なんで舐めちゃいました」本田岬ちゃんが初めてのレズでの責め役、ペニバン装着に大喜び。5年目突入でほぼ初めてのインタビュー。【本田岬ロングインタビュー・第1回】

圧倒的な美貌とパーフェクトボディの本田岬ちゃん。10月に4周年を迎えた人気女優なのにほとんどインタビューを受けたことがないという彼女は果たしてどんな女の子なのか。11月にリリースラッシュを迎える作品の話からプライ-ベートエッチまで、4回に渡っていろいろ聞いていきましょう。第1回は口慣らしも兼ねて「レズビアンに囚われた女潜入捜査官」関連から迫って行きます。

――4周年を迎えたのにネットで調べたらインタビューとか全然見つからなかったんだけど…。

 もしかしたら初めてかも。あってもデビューした頃に1回だけとかだと思います。

――そうなの! なんかすっごく得した気分。光栄だけど緊張する。

 ふふふ。なんですかそれ。

――いや~。話すのが嫌いとか、聞いちゃいけないことがいっぱいあったりすると困るなぁと思って。

 そういうわけじゃないですよ。

――よかった。エッチな話も大丈夫?

岬 慣れてないのでお手柔らかにお願いします。

――じゃあ作品をベースに聞いていこうか。11月は3本発売されるけどいちばん印象に残ってるのはどの作品かな。

岬 「レズビアンに囚われた女潜入捜査官」(ビビアン)ですかね。

――これって主役は織田真子さん!

 そうです。けど、3本目のレズ作品で初めて責める役だったんですよ。解禁の時は今回の織田さんみたいな立場で責められるだけ。2本目は西野翔さんと恋愛ものを撮って、今回は初めて責める側もやって…。そうそう!ペニバンも初めてつけました!

――初めてだったの? そのわりに動きがスムーズというか、上手だったよね 笑。

 ホントですか。うふふ。全くの初めてだったので、これでいいのかなって。「1回試しにちょっと挿れてみよう」ってカメラを回す前に少し試させてもらったけど、動いたのはカメラが回ってからなんですよ。

――女の子を犯した感想は?

 怖かったです。なんか、痛くしちゃったらどうしようって。女の子だからより大事にと言うか。はははは。なんかヘンな感じですよ。それ(ペニバン)を舐めさせたりしたので…。ないじゃないですか。

――神経は通ってないとはいえ、疑似チンコでもフェラチオされる感覚って女の子には不思議だったでしょ。

 男の人ってこういう眺めなんだって。「ああ~っ!」て思いました。うふふ。

――逆に自分がペニバンで犯されてみたいとは思わなかった。

 それはあんまり…。だったら本物のほうがいいですよね。

――ちなみにストーリーはどんな感じなの。

 初めてレズをやった作品(「レズビアンに囚われた女潜入捜査官~権力と金と欲。ビビアンTVアナウンス室潜入編~」)の続編なんですよ。前回は潜入捜査官の私が犯されちゃって、そういう世界に落とされちゃう役でした。それで今回は元潜入捜査官でレズソープランドのオーナー。潜入してるうちに悪いほうに染まっちゃった女の役です。後日談というか。

――あらら、悪女ですか。

 今までそういう悪い役をやったことがなかったのでちょっと楽しかった。いつもと違う役だったので。

――ソーププレイも相手が女性だと勝手が違ったんじゃない。

 そう思いますけど、この作品ではマットプレイはしてないんですよ。日向あいりちゃんを雇ってる役だったから。

――けどカラミはあったんだよね。

岬 はい。最初あいりさんと織田さんがからんで、そのあとマットではないけど私が織田さんと2回からんで、最後、風間ゆみさんと3Pです。だから3回(ニヤッと笑う)。

――今すっごいニヤケたけど、なに思い出したのかな。

 ふふふふふ。3Pがよかったなぁって。2人で責める。2人から責められるっていう感じで。

――ただ責めるんじゃなくて、順番に責めたり、責められたり。乱交みたいな感じなんだ?

 そうですね。乱交に近いです。(ふたたびニヤリ)

次のページへ
巨乳共演の感想は?