JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

【大泉りかがこっそり教える『オンナノコの秘密』】

気付いてないだけで実は意外と多い?男性の「彼女がセフレ→本命にしてくれない」悩みを解決する3つの方法。大泉りか連載『女性のココロとカラダの秘密』【第63回】

先週のコラムで、「セフレにだからこそする、女のコの5つの言動」を取り上げたところ、複数の女性から、「セフレであることに悩んでいる男性なんているの?男性は付き合えなくてもセックスが出来れば万々歳じゃんじゃないの?」という反響をいくつかいただきました。

が、男性だって当然、恋愛にハマることはありますよね。そして、セックスがカジュアルになった現代だからこそ、「セックスをする関係の女性がいるけれど、付き合おうというとはぐらかされる。本命彼氏になりたいのに」ってこともあると思うんです……というか実際に「仲良くしているコがいて、もちろんセックスもしてるんだけど、付き合ってくれないんだよ!」って男性の愚痴を、たまにお聞きします。これ、ひも解くと「セフレにされていることに、気が付いていない」ってことだと思うんですよね。

このセフレから脱却できない問題、女性の場合だと深刻かつ、よくある悩みのひとつで、解決方法なども取りざたされていますが、男性の場合は、めったにテーマとされることがない。というのも、先週のコラムを読んで感想をくださった女性の方たちが思ったように、男性の場合「なんだかんだでヤレてるんだから、得してるし、いいじゃん」で済まされがちなんですよね。

けれど、そういうものでもないと思います。だって、例えセックスに苦労はしていない男性であっても、何かの折に寂しさを覚えて「彼女が欲しい」と考えることだってあるでしょうし、好きになったコがセックスはさせてくれるのに、付き合ってくれない、となると、自分の何が足りないのかと、悩まざるを得ない……というわけで、今回は、「恋人のいる女性の、セフレから脱却できずに悩んでいる」という男性は、どうしたらセフレから脱却して本命になれるのか、その方法をお教えします。

彼氏がいるのに、浮気のつまみ食いを繰り返す女性に、その理由を尋ねてみると「別腹だから」という返事が返ってくることが多いです。そこを詳しく訪ねてみると、例えば、「彼氏が忙しくてあまり構ってくれないので、その寂しさと余った時間を紛らわせるため」だったり「彼氏とはもう付き合いが長くて、トキメキがないから」だったりする。ようは、彼氏のことは好きだけれども、満足しきれていない部分があって、それを彼氏以外の男性で満たしている、ということです。

都合のいい存在として扱われていることはわかっているものの、セックスをさせてもらっているのは、男性側にとっても都合がいいので、切るに切れない……そんな状況をどうやって打破するのかというと、まずは「(会う時間や場所など)相手の都合ばかりに合わせない」ことを心がけましょう。例えば、「誰かと会う約束のある、その前の空いている時間」に会うなんてことは、絶対にダメ。都合の良すぎる行動ですし、そんな惰性じみた密会に、恋に発展する余地のあるトキメキなど生まれません。また「遠出は面倒くさいから、近場でさくっと飯でも食うか飲むかする」のも、トキメキがなさすぎて本命昇格は狙えない。

次のページへ
ポイントは「彼氏がしてくれないこと」をする!