JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

DMM.R18 ADULT AWARD 2016

三上悠亜、四冠受賞記念インタビュー!「5月4日は決意の日。絶対に、これから先もさらに上を目指します!」本番直前に流した涙の理由。マスカッツメンバーとの熱い絆。そして全ての「ゆあーず」へメッセージ!

DMM.R18アダルトアワード2016
受賞インタビュー~三上悠亜~
最優秀新人賞・最優秀作品賞(三部門)

授賞式レポート前半戦(開演~最優秀作品賞)はこちら
授賞式レポート
半戦(プレゼンター賞~終演)はこちら

DMM.R18アダルトアワード2016(以下、アワード)において最優秀新人賞。そしてデビュー作『Princess Peach』(MUTEKI)が最優秀作品賞で三部門(通販、配信、レンタル)独占という快挙を成し遂げ、みごと四冠という栄誉に輝いた三上悠亜。

いま振り返り、思いの全てを語ります。本気で戦い抜いたあの日々のことを!

 

あの日のことを思い出すたびに「ありがとう」の気持ちが募る。

――改めまして、おめでとうございます。

悠亜 はいっ、ありがとうございます! 受賞した日から今までたくさんの人に「おめでとう」の言葉を、本当に、本当にたくさん言っていただいて……自分でも何を言えば感謝の気持ちを伝えきれるのか言葉に困ってしまうときもあったりするんです(苦笑)。でも本当に伝えたい言葉はすごくシンプルになってしまいますけれど、「みなさん、ありがとうございます」。に尽きます。

――いまの正直な心境をお願いします。

悠亜 いろんな方とお会いして、お話しするたびに感謝の気持ちが沸いてきてしまって、まだまだ授賞式の日の気持ちに整理がつけらてはいないんです。本当にファンの皆さんにはここまで応援していただいて、私に自信をつけさせてくれて、力になってくれました。あのときの皆さんの励ましの声、一つ一つが今でも心に深く入ってきて……それを思い出すたびに「ありがとう」の気持ちが募ってきてしまいますね。

投票期間中、常に不安がつきまとっていました。

――ノミネートの発表からTwitterやイベントで本当に精力的に活動されていましたね。

悠亜 本気でした、必死でした。そしてずっと不安でした。私よりもずっとファンの皆さんのほうが自信というか……なんでしょうか、私のことを信じてくださっていて、「悠亜ちゃんなら絶対獲れるよ、大丈夫だよ!」とおっしゃってくれてました。私が新人賞を獲ることを固く信じてくれているのは本当にうれしくて……でも正直言って、投票ですべてが決まることなので、私の本気がどこまで伝え切れるのか自信がなかったんです。でもそんな私に皆さんが本当にたくさん励ましの言葉を寄せてくださって、それはプレッシャーでもありましたが同時に、「こんなにたくさんの人が応援してくれているんだ、期待にこたえなきゃ」と本気で戦い抜く気力にさせてくれました。

――「安心とともにプレッシャーでもありました」とスピーチでもおっしゃってました。

悠亜 こんなに愛してくれる人たちがいる……、その気持ちにこたえるためには絶対に獲らなきゃいけないな、そうでなきゃみんなの期待に応えられない……なんて、ある意味で自分を追い込んで(苦笑)。なので、本気で皆さんにお願いしました。「投票したよ」、「ほかの人にも拡散しておくね」なんて一緒に戦ってくれる皆さんのひとつひとつの声に救われながら、あの数ヶ月間を過ごしていたんです。

――眠れない日もあったのではないですか?

悠亜 いろいろと考えてしまう時間はありました。けれど私って本当に緊張しないタイプなんですよ。心配性だけど、楽観的でもあるような(笑)。最後の1週間はツイートや動画で応援お願いのメッセージを毎日やろうと決めていたので、それがカウントダウンになって「ああ、もうすぐだな」とか、発表が迫っている感覚はありましたけれど、結構しっかり眠れていたんです。前日も「しっかり寝て明日に備えよう」って、夜の7時か8時くらいにはグッスリ(笑)。私、お仕事の前日はたくさん寝ていかないと本領発揮できないんです。それにアワードは特に大事な日だったし、ドレスを着て皆さんの前に出る晴れの舞台だし、元気な姿で、笑顔で皆さんの前に出たかったんです。

三上悠亜さんツイッターより引用

次のページへ
舞台裏で…涙…。