MUTEKIのプリンセス・三上悠亜、史上初のDMM売上三部門完全制覇!最優秀新人女優賞も獲得し四冠達成。号泣のスピーチ全文掲載!【DMM.R18アダルトアワード2016詳細レポート/前編】 (1/5ページ)

2016.05.07 16:00
売上3部門完全制覇!新人賞も合わせて四冠!おめでとう!
売上3部門完全制覇!新人賞も合わせて四冠!おめでとう!

DMM.R18アダルトアワード2016
会場レポート~前半戦~


2016年5月4日。


前夜の雨が通り過ぎ、五月晴れを飛び越える暑さとなった東京・お台場。

会場設営も大詰めになった午前8時。すでに来場者が列を作り始めていた。



午前11時から続々と女優さんが会場入り。緊張を隠せない表情のままヘアメイクを開始する。



2月19日、ノミネート女優発表。

3月1日、一般投票開始。 4月15日、投票期間終了。

そして会場での当日投票。



およそ2ヶ月半。76日間。

彼女たちは走り続けた。自分を見つめて、強くなった。


イベントや撮影会で目を見て励ましてしてくれるファン。

SNSなどを通じて、言葉や画像でエールを贈るファン。

形にはしないが、応援電波を送り続けたファン。



それぞれが所属するプロダクション、AVメーカーや制作スタッフ、DVDショップ店員など、

関係してきた人間の顔が目に浮かんでは消える。



「真のナンバーワンAV女優は誰か?」



壮大なテーマを掲げる今大会は、DMMが扱う全メーカー・全作品の売上データを元に、文字通り「2015年に売れた」AV女優をノミネート。

そこからさらにユーザー投票で、名実ともに2105年度の「人気ナンバーワンAV女優を決定」する。




2013年 最優秀女優賞 上原亜衣

2014年 最優秀女優賞 湊莉久



どこのメーカーとも専属契約を結んでいない、いわゆる「企画単体」女優が過去2回トップを掴んだ。




2013年 最優秀新人賞 白石茉莉奈

2014年 最優秀新人賞 天使もえ

新星の如く、ユーザーの心に衝撃を与えた女優に贈られる最優秀新人賞。
一度しかチャンスがない栄冠。今年は誰が獲得するのか。

DMMニュースR18では前編、後編の2回に分けて、授賞式の様子をお伝えする。

今年で3回目のDMM.R18アダルトアワード。



7



イベント前には最優秀新人賞にノミネートされた10名と、最優秀女優賞にノミネートされた9名に表彰盾の授与が行われた。

大勢のマスコミの前でやはり緊張を隠せない面々。



例年より椅子席を減らし、スタンディングゾーンを増やした豊洲PIT。女性客も数多く見られる。



ロビーでは当日会場投票の受付が。結集したファンが祈るように投票する。


若干出た当日券も早々に終了し、1500名の観客でパンパンに膨れ上がった場内は、半袖でも丁度いいぐらいの熱気となった。

DMM生配信のカメラスタッフがスタンバイを始めると、それを察知したオーディエンスにもドキドキが走り、期待で鼓動が高鳴る。

開演だ。



次のページへ
開演です!

全文を読む

トップへ戻る