JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

【S1専属・葵インタビュー最終回】「人から『あの人って活躍しているけれどAV女優なんだ!』と言われるような、カッコいい女になりたいです」

☆葵インタビュー第1回を読む

☆葵インタビュー第2回を読む

☆葵インタビュー第3回を読む

 クール系に見られる理由が『人見知り』の『ツンデレ』というのが発覚した葵ちゃん。最終回となる今回は、プライベートの彼女に迫りたいと思います。意外な素顔が飛び出すかも!?

――私生活の葵ちゃんに質問をシフトしたいと思います。まず趣味は?

 映画ですかね? 最近は家でDVDを見ていて劇場では見ていないのですが、昔は行ってました。そこで気に入った映画のチラシをもらってきて、コレクションにしてました。今も持っていますよ。
 ハリウッド系より、フランス映画とかが好きですね。あとアニメも好きです。

――葵という名前の上に、名字を『冴羽』と付けたかったと聞いたんですが、それってシティーハンターですよね。あとS1広報氏とコードギアスポーズしていたし!

 そのふたつともそこまで好きなアニメじゃないんです(笑)。芸名のほうは名前にパンチがあって良いかなと思って提案したんですが、却下されました。(冴羽葵と書いてみる)……改めて見てみると、やっぱりゴツいかな(笑)。
 CSのアニメチャンネルを見るのが好きだったので、いろいろと昔のアニメとかを見ていたんですけど、好きなアニメはベルセルクです。マンガを書くもの好きですね。
 他にも詩人の銀色夏生さんが好きです。中学生ぐらいのときに、彼女の小説『イサクのジョーク』を読んでから好きになって、本は全部あったと思います。

――どんなタイプの男性が好きですか?

 博識な人が良いですね。雑学に強い人。ただし、ペラペラひけらかす人はちょっと苦手です(笑)。私が質問をしたときに、何でも答えてくれるタイプがいいかな。そうですね、グーグルみたいな人ってことでしょうか(笑)。
 見た目とかルックスは気にしないし年齢も関係ありません。年下が苦手ぐらいかなぁ。(色めき立つスタッフ)あ、スタッフさんたちは申し訳ないけれど、まったく眼中ないのでご安心ください(笑)。
 それに、基本ひとり行動の人なので、「彼氏がいないとダメ」みたいなタイプではありませんけど。

――食事もひとりが多いのですか?

 そうですね……チェーン店系の居酒屋さんとかにひとりで入ります。お酒は飲まないけれど、ちゃんとご飯とおかずが食べたい人なんで居酒屋は最適です。牛丼屋さんや焼肉も全然平気ですよ。
 美術館や映画もひとりで行っちゃうほうだし……。ひとりカラオケは、昔は行っていたけれど最近は行ってないなぁ。大声を出すと疲れるから(笑)。

――ひとり行動のエピソードが尽きなそうなので、ここで葵ちゃんに理想のデートを語ってもらいましょう!

 えーっと……朝、やよい軒に集合してご飯を食べてから、動物園に行ってランチは動物園で食べる。そして夜にご飯を食べて解散かな?

――ちょっと待って! それ本当にデートプランですか(笑)。食べるがメインに聞こえるし(笑)。もう少しだけでもロマンチックなパターンをお願いします!

 リラックスできて楽しそうですけどね(笑)。
 じゃあ……オーストラリアに行ってジャングルクルーズしたい! バードウォッチングとかもたっぷり楽しみたいですね。全行程を終えたら帰国です。

――一気に壮大になったなぁ。デートなのにパスポートが必要になってます!

 普通のデートっぽいことは考えられないのかも(笑)。そうだ! 工場の夜景を見るのは好きです! ゲームのような世界観が好きなのでああいった景色は好きです。これならばOKですよね(笑)。

――ロマンチックだったり庶民的だったり、なかなか正体不明ですよね、葵ちゃん(笑)。

S1広報 根は真面目な女の子だと思います。彼女がイベントでラムタラエピカリ新宿店さんの店長をやったとき、レジでお客さんをさばくのが上手なんですよ(笑)。本当はユーザーさんとおしゃべりするのが目的なんですけど、本人が本気モードに入っちゃったらしくて、買ったAVを入れる袋のサイズを気にしたり、真面目な性格が出てましたね(笑)。

 あれは真剣になりました(笑)。ああいう作業は好きだし、「ちゃんとやりたい!」って思うんです。最後はリアル店長さんに「AV辞めたらウチで働かない?」とスカウトされました(笑)。

――将来の夢はラムタラの店長さんでしょうか?

 興味深いですが、それはそれとして置いておきましょう(笑)。
 将来の理想は、例えば、「この人、よく見るけれどAV女優だったんだ!」と言われる存在になることですね。
 この前、smart(雑誌)で『ちんかめ』(おしゃれ系ヌードグラビア)にチャレンジしたんですけど、普段のグラビアやパッケージと違っていて楽しかったです。ミュージシャンのPVやCDジャケットのヌードとか、いろいろな人の目に止まるようにたくさんのジャンルでお仕事ができたら最高です! 最終的には『カッコいい』と呼ばれる女が目標です!
 そしてAVは前にも言いましたけど進化しつつありますから!
 昔ならばフェラチオだと最初からいきなりオチ●チンをくわえていたんですが、最近は舌先で刺激したり、徐々に舐めてじっくりと見せるプレイを心がけています。ファンやユーザーのみなさんのエッチな期待に応えられるように頑張っていきたいですね!

(インタビュー=麻雅庵)

関連キーワード