JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

アートとエロスの融合! 和彫り&肉体美の金粉パフォーマー愛子さん

【アノ現場の痴話交々 〜三代目葵マリーとエロ事師たち〜】

 アブノーマルAVのプロデューサー・三代目 葵マリーがイベントや撮影現場など様々な現場に潜入! 今回はその肉体美と芸術性がずば抜けて素晴らしい、パフォーマーの愛子さんのお話をお伝えしよう!

シルク・ドゥ・ソレイユのような芸術美は必見!

 私の周りにはパフォーマーと名乗る人たちが溢れている。その中でもズバ抜けて素晴らしく、私が大好きでたまらないパフォーマーが愛子さんである。

 いつも凛としていてカッコ良い。性格もものすごくサバサバしてて気持ち良くて大好き。

 愛子さんは別にAV畑の人じゃないし、裸が多いイベントばかりを取り扱う私としては、愛子さんに出演依頼を出すのが恐れ多くて、なかなか切り出せなかったんですよね。でも、いつか絶対にフェチフェスのパフォーマンスステージでフープエアリエルを舞ってほしいって、ずーっと思ってました。

 何のタイミングだったか、ある日「愛子さんはフェチフェスみたいな場所では、パフォーマンスしたくないですか?」と気合いで聞いてみた所「え? 全然そんなことないですよ、むしろ出たいです」とサラッと言って頂き、今回の「フェチフェス05」で念願だった愛子さんのパフォーマンスを皆さんにお見せできたわけなんですよ。

 愛子さんは中学生の頃から身体改造に興味を持ち、愛読書はサブカルチャー誌の『BURST』(コアマガジン)。そのまま大人になるにつれ、身体改造から肉体改造へスライドして今の肉体美にいたるわけです。ここでは書き切れないくらいにストイックなトレーニングをしてるのです。あの筋肉美は私の周りだと愛子さんしかいないですね。本当に素晴らしい肉体です。

 あくまでも私の考えですが……。愛子さんにとって、裸というものは、エロに通ずるものではなく芸術の領域にいるんだろうなと勝手に思ってます。

 実は今回のフェチフェスにテレビ局の取材が入ったのです。取材項目にパフォーマンスステージ全部、となっていてさすがに乳首は無理。もちろん、私が担当しているニコ生も乳首は無理。全国放送のテレビや、万人規模が見るニコ生で放送した方が宣伝になるのに、「私は、乳首にニップレスとか貼るのはイヤです」とキッパリ。さらに「現場で見てくれている人を大事にしたい」と……。

 愛子さんは、悩みもせず、気持ち良くテレビの取材もニコ生の中継も捨てたんですよ。

 もうね、感動ですよ、感動。ここまでプロ意識の高い人、なかなかいないですよ。

 この愛子さんの言葉を聞いて、更に愛子さんに惚れたし、もっともっとたくさんの人に愛子さんのパフォーマンスを見て欲しいと本当に思いました。

 今はどこかに所属してるわけじゃなく、イベント中心に活動をしてるので、見つけて行かないとなかなかお目に掛かれない感じですが、愛子さんに会うだけなら六本木のSM・フェティッシュバーの「モード・エ・バロック」さんで週1(ゲス曜日スタッフ)でいるそうです。

 近いところでは、2月26日新宿ロフトプラスワンで行われるイベント「ハシタナイト」、3月7日に東京キネマ倶楽部で行われる「デパートメントH」、3月21日に新宿DX歌舞伎劇場で行われる「大浣腸大会」に出演します。ご興味のある方は、ぜひ! まるでシルク・ドゥ・ソレイユのような芸術的なショーを観られます。

葵マリー(あおいまりー)
SM界の重鎮。女王様やスカトロの元祖として活躍するほか、アダルト・フェチイベントなどの仕掛人、AV監督など、多岐に渡ってアダルト業界で活躍している。豪快で情の深い人柄が出ている軽快な文体のコラムにもファンが多い。
公式サイト/葵マリーのコラム(http://jessie.jp/author/writer_aoi)

関連キーワード