JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優インタビュー★

爆乳すぎる元AVメーカー女子社員・日下部加奈がついにAV女優としてMOODYZからデビュー!!インタビュー前編 Jカップの爆乳すぎる元AVメーカー女子社員・日下部加奈がついにAV女優としてMOODYZからデビュー!!「バチバチのセックスがしたい!」「責めたくて!」「乳首責めが好き過ぎてオカズはゲイビデオ♪」意気込みと天然ぶりが溢れまくる!!【日下部加奈インタビュー・前編】

AV女優インタビュー
MOODYZ移籍!日下部加奈 前編

 

 

「SOD女子社員史上最高のバスト」と称された巨乳のおっとりかわいこちゃんが、突然のMOODYZ移籍~!?規格外のJカップといかにもエッチ好きそ~なスケベ顔…はてさていったいどんな女の子なんでしょうかッッ!!

 

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

――華麗なる転身おめでとうございます!!

 

日下部加奈 ありがとうございます、うれしいですホント!

 

――女子社員でAVデビューして、ゆくゆくはAV女優としてやっていくゾ~っていうのは何となく自分の中で計画していたんですか?

 

日下部 いや全然。そもそもAVデビューも自分から何か動いたわけではなくて、上司のすすめもあって出ることになったという…。

 

――「AV出てみない?」AVメーカーじゃなければ単なるセクハラですね!

 

日下部 あはははは、あとはSODの広報動画に出たときにユーザーさんからの反響がものすごく多く寄せられたのもあって…なんだか期待されているなという自覚はあったんですね。

 

――ワイ需要ある!と。

 

日下部 そこまで自己評価は高くはなかったんですけど(苦笑)。でも、もともと業界には興味があって、SODというAVメーカーに入ったのでもっと現場を知るために出てみようかな…と。周りから背中を押されまくってその気になったというか…女子社員がAVに出演できるという、いい意味でハードルが低いというのもあったんじゃないかな。

 

――なるほど~、でもそういった「雰囲気が知りたい」のであれば、3本出演したところで「ここまでにしよう」できれいサッパリそこで終わりにする道もあったのでは?

 

日下部 やっぱり…このお仕事が楽しくなっちゃって(笑)。

――あらいい笑顔!

 

日下部 全員で一つのものを作る一体感がすごく性に合っていたんですね。文化祭の準備してるみたいなあの感覚が性にあっていたし、なによりも真面目に性に対して取り組んでいるから「こんなこともできるのか!」ってカラダと性に対しての見識が広がって…。それにどんどん未知の体験に挑戦させてもらえるから、やってみたいことがどんどん出てきちゃったんですね。

 

――あら!欲が出た!

 

日下部 うふふふふっ、自分はそんなに欲がない人間だと思っていたんです。物欲もないし、「有名になろう、人前に出よう、認められよう」っていう欲求もなかったし。食欲くらいだったんですよね(笑)。だけど、やったことないことがいっぱいあるから「もっと体験してみたい!」という欲はAVデビューしてからですね。

 

――AVに対しての知識って、メーカーに勤める社員だった時と自分が出演するようになってからで変わるもんですか。

 

日下部 私は変わりました!自分が試せることだからそれまで以上に勉強したというか。一気に情報を取り込めるようになったというか。

 

――「やってみたくなったこと」って具体的に何ですか?

 

日下部 もともと責めるのが好きで、男性を責めたいタイプだったんです。でも、どう責めたらいいのかは自分の想像だと限界があったんですね。でも、ほかの女優さんのAVを勉強のような目線で見るようになったら「そういうやり方もあるのか!」って思うようになってウズウズ。

 

――女子社員時代はそれでも「ウブで恥ずかしがりやな女の子」のイメージが強かったですよね。

 

日下部 私の性格はそうだったんですけど、エッチに対しては「もっと責めた~い」という願望が膨らんでいって…

 

――エロ社員!僕らの妄想通りだ!!じゃあ、ちょっと抑えちゃってたんだ?

 

日下部 「このシーンはちょっと自分から責める感じで」って言われたことがあったんですけど、ちょっとのつもりが止まらなくなっちゃって…そのシーンは実はまるごとカットされてたりします、やりすぎちゃいました(苦笑)。

 

――燃えすぎちゃったのね!

 

日下部 でも思い返してみてもあのシーンは本当に楽しかった~(いい顔で)。

 

――それでもSODの最後の出演作でもある3本目はかなり色々やりましたよね。

SOD女子社員 宣伝部入社2年目 日下部加奈 Jカップ美巨乳女子社員が真心こめてユーザーリクエストにお応えする9コーナー240分!!

日下部 女優でやっていきたいというのを決めたあと、それじゃあ「退社作品」を撮ろうとなって、その一本にこの先やる予定だったものを全部詰め込んだらああいう盛りだくさんな内容になっちゃいました!

 

――もしかして、当初の予定よりも退社の予定が早くなった?

 

日下部 そ~いうことになりますね~(苦笑)。責めるのも責められるにしても、もっとバチバチのセックスがやりたくなって、待ちきれなくなっちゃって…あはは。

 

――いいですよ、その感じ!

 

日下部 だから女子社員時代からご覧になっている方には「こんな顔して実は!」みたいな、これまでのイメージを覆しちゃうようなことになっているかもしれません。

 

――ここから本領発揮、ですね。

次のページへ