JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

新連載!自己紹介がてら岩政久美子がラブグッズ&AV愛を語る! 新連載!セクシー女優ものまねを特技に持つタレント・岩政久美子が自己紹介がてら華麗なるエッチな遍歴をチラっと発表。「私はエジソンの生まれ変わりなのかもしれない」と自画自賛した自作ラブグッズで乳首を負傷!?▼バレンタインに恋人とイチャイチャしてたらマンションの管理人が大激怒!その理由は…【連載Vol.0~前夜祭】

岩政久美子がFANZAニュースに登場!!
連載開始にあたってまずは自己紹介!
~前夜祭~

 

 

お待たせいたしました!!!!またまた新連載!太田プロ所属の岩政久美子さんが登場です!
セクシー女優モノマネを得意とする岩政さんは、ラブグッズやボーイズラブにも造詣が深く、もちろんAVに対しても深い深い愛情を持たれております。
そんな岩政さんにFANZAニュースを文字通り「引っ掻き回す」ぐらいの大活躍を期待しております。
今回はエピソード0として、本連載前の自己紹介をお願いいたします!!!最後までじっくりお楽しみください!

(構成/FANZAニュース編集部)

 

 

皆様、初めまして。この度、FANZAニュース様でライターとして書かせて頂くことになりました。太田プロダクションに所属している、タレントの岩政久美子と申しますm(__)m

私の顔写真を観て、もしかしたら何人かの方が『こいつ…どこかで見たことがあるぞ…』と思われたかもしれません。そう思われた貴方、ザ・マニアックですね。思われなかった方は謎の女感が半端ないと思いますが、この謎の女の文章に少々お付き合いして下さいませm(__)m

 

私は過去に官能芸人と謳って活動をしておりました。その活動の中でも、私の鉄板だったのが〝セクシー女優モノマネ”です。このセクシー女優モノマネ、その名の通りセクシー女優さんのモノマネをするという尚且つシンプルなもの。けど、シンプルな中にも女優さんの個性が伝わるように真似るところは、私なりにこだわりがありました。そのこだわりは〝面白さ”です。どんなものでも、面白さがないと先ず興味を持ってもらえんじゃろうと。『え!こんな可愛い女優さんがこんな台詞を言うの!?』『この女優さんって、こんなクセがあるのか…本物と見比べてみよう!』と私の奇妙なモノマネを観て、AVの作品へ手が伸びて頂ければガッツポーズ大成功。そんな感じで私は活動しており、現在エロのお仕事は裏の顔として(裏になっていないと思われるが)タレント活動をしとります。

 

【私がアホになり始めた】

元々エッチな動画も大好きで、ネットを使って隠れてコソコソと観ておりました。そんな後ろめたさを秘めた時代を過ごしてきたような子なので、そりゃあもう、性のことは興味津々。小2のとき、学校の先生に「卵子と精子が空気中で合体する訳がない、どうやって受精するか説明しろ!」と問い詰め『女の子は穴が2つあって、そこにおちんちんを挿れるんだよ』という言葉を聞き出した覚えがある。確か、問い詰めた先生の名前は安藤先生だったような気がする。安藤先生から聞き出した知識をさっそく、クラスの男子へ自慢気に語った。エロ漫画の世界なら『じゃあ、見せてみろよ!』と男子に押さえ付けられ、いや~んな展開になるだろうがならなかった。今考えると、いや~んな展開にならなくて良かった。剥けることをまだ知らない槍で、初めてを貫かれるのはちょっと悲しいもんがある。

 

そんなことアホなことばかりを考えていた私なので、大人になってからもやはりアホでありました。そのアホさが分かる私の実績を今からお話しします。

 

私はラブグッズ、いわゆるエログッズが大好き。初めて使ったローターに非常に感動したことを今でも覚えている。こんな気持ち良くなれる物が世の中にあるなんて!しかも、指が疲れない!!私はソロ活動(オナニー)をするときに指が疲れてきて、イきそびれることが何回かあり悩まされていたが、これからはこのローターちゃんが私の側にいる。私のソロ活動ライフは薔薇色間違いない!しかし…人間というものは欲深い生き物で、私はもっと気持ち良くなりたくなった。けど、薬とかそんな犯罪に手を染めて気持ち良くなったりは絶対にしたくない。それは気持ちが良くなってるのではなく、ただの幻エクスタシー。そんなもん嫌だ。そこから私のエロ研究というものが始まった。私の人生がアホ一色に染め上がり始めたのも、この時期からである。

次のページへ

関連キーワード