JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

★AV女優ロングインタビュー★

伊賀まこロングインタビュー第3回【S1新人AV女優】 伊賀まこAVデビュー作で涙!現場騒然!!その理由は…なんと!▼机の角に股間を押し当ててた小学校低学年。しかし膣の存在に全く気付かず健やかに成長し、ようやく高校卒業後に処女喪失!ズボリと挿入されて「うひゃああああああ!」▼【S1新人女優ロングインタビュー第3回】

AV女優 
S1新人・伊賀まこロングインタビュー 
第3回 

 

プライベートHはどノーマルだったけど……という最近の新人AV女優さんに多い「普通さ」と、AVマニアらしい予備知識の豊富さのギャップが楽しい伊賀まこちゃんインタビュー第3回。なにやら最近はアレを我慢しているらしいのですが…

バックナンバーはこちら!

第1回 

第2回 

 

 

性の目覚めは定番のアレ!

 

――まこちゃんは性欲が溜まりやすい方ですか?

 

伊賀まこ(以下、まこ) う~~ん、結構不意なタイミングで来るんですよ。でも「どーしてもしたい!」っていうのは無いかなあ…音楽を聴いてると発散されるくらいです。あと、最近はムズムズしても自己処理しないで禁欲した方がお仕事の時に調子がいいみたいだって気が付いたんで、撮影に備えた禁欲生活をしています。

 

――割とあっさりさんなのかな?

 

まこ ほかのことに集中してると忘れちゃうくらいだから薄いのかな?なので溜めてから臨む撮影は燃えましたね(笑)。だから禁欲生活は続けていこうかな!これでも性の目覚め的なものは早かったんですよねぇ…小学校低学年くらいなのかな?

 

――何があったの!?

 

まこ なんかアソコがムズムズするなー…と思ってからの机の角オナニー。

 

――出た、角ニー!

 

まこ でも周りの友達には理解されないんですよ。「なんかここがさー、ムズムズすることない?」って聞いてみても誰からも同意されなかった。「あれー、おかしいなー???」と思いながらそれでもシてたんですけどね(照)。周りには性的な知識がある子も全然いなかったので、私だけ目覚めるのが早かったのかな~って。

 

角ニーから指ニーへ、まだまだ穴の秘密には気付かない

 

――とは言っても小学校低学年ですから。セックスなんてまだまだ遠い世界の話でしょ?

 

まこ 「結婚してキスしたら子供できるんでしょ?」くらいの知識ですよね(笑)

 

――かわいい!

 

まこ でもそれが、リカちゃん人形やバービーとケンを手にして、「あれ、なんで身体が違うんだ?何かおかしいな…」と気が付いたんです。それでよくよく調べたらどうやらセックスというものがあるということを小学校3,4年ごろに分かったですけど……でも自分の身体を見て「どこをくっつけるんだ??」と。「何を入れたらいいんだ??何もないじゃないか」と(笑)。

 

――うはははは!!何を挿れるのか、自分の体に聞いても分からないですよね。

 

まこ おしっこが出るところは分かってたんですよ。でも膣の存在には気づいてなかったんですね。オナニーを習慣的にしてても机の角時代からずっとクリ刺激だったんで、穴をどうこうしようというのは考えもしなかったんですよ。

 

――生々しい!!イイね!!

 

まこ それから膣というものを発見したのはかなり遅くって……中2かな…。エッチな動画を偶然見ちゃった時にアソコがムズムズしてきて触ってたら「なんかある!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ある!!!!!!!!!」って。でも指の先っぽですら全然入らないし、痛かったんでそれ以上は何も出来なかったですね。なおっきいチンチンが膣に入るなんてちょっと信じられなかったです。

 

――そうなると初体験はまだまだ遠そう…。

 

まこ 高校卒業してからようやくですね。

 

次のページへ