JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

人気美熟女AV女優・佐々木あき引退惜別インタビュー 4月に引退作品がSODから発売される人気美熟女優・佐々木あき。引退を惜別し新たなる門出を祝うべくデビュー作&引退作を撮った家太郎監督との対談を特別掲載!「プライベートでどういうセックスしたらいいのかわからないです、今。やらなくていいのに、相手の乳首いじったりやっちゃいそうで(笑)」

人気美熟女・佐々木あきついに引退!

FANZAニュースでは、引退記念としてデビュー作&引退作を撮った家太郎監督と対談インタビューをしてもらいました。デビュー当時から今までのことを振り返りながら、思い出をたっぷり語ってもらいます!

 

▼佐々木あきさんの引退作品

 

── まず、2015年に佐々木あきさんの記念すべきデビュー作を、SODクリエイトの社員監督の家太郎さんが撮ることになったのはどういう経緯なんでしょう?

 

家太郎 ウチで撮ることは決まってて、面接した野本(義明 現在・SOD社長)が撮りたいって言ってたんですけど、ちょうど(監督を辞めて)社長になるかならないかの時期で忙しくて撮れなくなっちゃって、代わりにやってくれって言われて僕が撮ることになったんです。

 

佐々木あき(以下、佐々木)へえー、初めて知った。

 

── そこから3本たて続けで家太郎監督があきさんを手掛けるわけですよね。お互いの第一印象を話していただけますか?

 

佐々木 第一印象、覚えてない。

 

家太郎 ハハハ。

 

佐々木 初めて会ったのは、パッケージの写真を撮る時ですよね?

 

家太郎 そうそう。

 

佐々木 思い出しました。監督だとは最初わからなかった。この人たちは誰なんだろうなって思って写真を撮られてました。そこで監督さんだってわかったんですよ。

 

── テスト撮りというのは?

 

家太郎 カメラにどう映るのかなというのを確かめるんです。あきさんの第一印象は、怖そうだった。

 

佐々木 とっつきにくいとはよく言われますけど、人見知りなだけなんです。特にあの時は業界の人にどう接していいのかまるでわからないし、緊張してたし。

 

家太郎 ちょっとヤンキーっぽい人なのかなと(笑)。会う前に、(自分は不在で野本氏らが担当した)面接してる時の動画を見て、怖そうに思ったんです。

 

佐々木 私も家太郎監督はコミュニケーション取りづらい人だなと思ってました。移動する時も歩くのが早くて1人で先に行っちゃうし、あまり話しかけてくれないし。でも、悪い人だとは思わなかった。

 

家太郎 ハハハ。歩くのみんなと合わせられないんです僕。

 

佐々木 ほんとに気楽に話せるようになったのは、最後の引退作の時ですかね。

 

家太郎 つい最近じゃないですか(笑)。

 

── のちほど引退作のお話も伺うとして、デビュー作では『AV史に名を残す人妻さん』など、サンプル動画などでテロップが出てました。それは現場で実際撮影しての手応えなんですか?

 

家太郎 そうです。一番最初、オモチャを使ったんですけど、潮がいっぱい出てきて、この人はすごいなと。

 

佐々木 のちのち思うんですけど、最初の撮影なのにけっこう激しいことやらされたなって思ったんです。

 

家太郎 あー(納得)。

 

── 「今まで出会った中で家太郎さんが一番厳しい監督さん」だと前におっしゃってましたよね。

 

佐々木 はい。作品に対してストイックだっていう印象はずっとあります。すごい、自分のやりたいことにこだわりますよね。

 

── 意図的に、激しいプレイを要求したんですか?

 

家太郎 ですね。ちょっとヤンキーっぽいし(笑)、

 

佐々木 ヤンキーじゃないってば!

 

家太郎 人妻っぽくないから、最初っから飛ばしていこうっていう。普通はエロネタを小出しにしていくけど、この人はすごいからやれるだろうって思って、ガンガン行こうって。2作目のことは考えずに。

 

佐々木 そうだったんですか。でも、私は(最初の3本を撮ってくれた)家太郎さんのおかげで売れたと思ってます。

 

家太郎 1本目撮ったあと、社内で怒られたりもしたんです。何で最初からここまでやるんだって。

 

佐々木 初めて知った。

 

▼佐々木あきさんの記念すべきデビュー作

 

── 「本物人妻」レーベルからのデビュー作は、そんなにハードなものはないですからね基本。

 

家太郎 そうなんです。2本目からやることなくなっちゃうじゃん? みたいに言われたんです。

 

佐々木 たしかに。

 

家太郎 でも、おかげでヒットしました。

 

── 売れた要因は、カラミが激しいからだけじゃなく、あきさんの顔だちの群を抜いた美しさも含めてですよね?

 

家太郎 そうですね、もちろん(笑)。

 

佐々木 何で笑うんですか(笑)?

 

── 恥じらうこともなく初対面の男優に身を任せて乱れてたというのは憶えてます?

 

佐々木 けっこう「もっと恥じらいを見せてほしい」って言われたのは憶えてます(笑)。

 

家太郎 言ってましたっけ(笑)?

 

佐々木 口酸っぱく言われましたよ。

── でも、抑えられない性欲があったということなんですか?

 

佐々木 そうですね。あるがままの姿という感じなんで。それで、2本目はなんと山奥に行って外でヤらされましたからね。

 

家太郎 ネタが思いつかなくて、青姦だなと(笑)。でも、あれはよかったですよね。

 

佐々木 真夏だったんですけど、虫がいっぱいいる中で汗だくで。でも、白い肌が映えて、よく撮れてましたね。

 

家太郎 よかったですよー。あと2本目は、フェラだけで抜くコーナーがあったんですけど、フェラが上手なんだぁって思いましたね。

 

佐々木 上手い下手も私は全然わかんなかったです。

 

── こうやって舐めろ、などの指導は?

 

佐々木 家太郎さんは何も言わないんです。ずーっと黙って撮ってて。

 

家太郎 僕、何も言わないんです。

 

佐々木 何も言われないから、こういうのでいいんだぁみたいに思うんです。

 

── まだ意識の中に、のちのスター女優・佐々木あきの姿は見えてなかった?

 

佐々木 全然。

 

── 自分の作品は恥ずかしくて見れないという女優さんも多いけど、ちゃんと見れる?

 

佐々木 全然見れます。

 

家太郎 あ、そうなんですか。

 

佐々木 デビュー作は購入してますから。

 

家太郎 そうなんですか!? 感想はどうでした?

 

佐々木 やっぱりムズムズしますよね。自分が映ってるのに、他人事のように思って見てました。

 

家太郎 あんなに激しく乱れていた自分ってどうだったんですか?

 

佐々木 そうですね、俯瞰で見ると、けっこうはしたないなって。

 

家太郎 はしたない(笑)。

 

佐々木 私はこういう感じだったんだ、こういうフェラをするんだ、って発見しました。

 

家太郎 思ってた以上にエロかったとか?

 

佐々木 でも、基準がわかんないので。他人のセックスは見たことないから。

 

── とにかく、日常ではヤッたことのないレベルのプレイだった?

 

佐々木 そうですね。プライベートではノーマルなことしかやってなかったですからね。

次のページへ

 

関連キーワード