本編映像を先行部分公開!今月末上映の映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』▼人妻・明乃が“奴隷”として身を委ねた瞬間! ご主人様との恥辱プレイで身も心も開花する!▼ロマンポルノ界の聖子ちゃんとして人気を博した寺島まゆみの実娘・行平あい佳が主演。

2018.09.12 19:00
私を奴隷にしてください…
私を奴隷にしてください…

伝説の映画『私の奴隷になりなさい』。その続編となる、第2弾『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』が9月29日(土)より、第3弾『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』(配給:KADOKAWA)が10月13日(土)より、それぞれ2週間限定で連続公開いたします。

主演に実力派新進俳優・毎熊克哉。W主演の行平あい佳は、ロマンポルノ界の聖子ちゃんとして人気を博した寺島まゆみの実娘という強烈な遺伝子の持ち主。

同じくW主演の杉山未央は本作で女優デビューにして主演を勝ち取った大器。

さらに、トップグラビアアイドルであ女優としても活躍目覚しい百合沙、また川合瑞恵範田紗々山根千芽福山理子といった個性的なバックグラウンドを持つ女優陣が集結。前作以上に過激でスリリングで惜しみない濡れ場と、官能と欲望の世界を生々しく炙り出します。


監督は『味見したい人妻たち(押入れ)』(03)でデビューした城定秀夫。手がけた作品は100本にのぼり、ピンク映画界でも賞を多数受賞している実力派です。



本日は行平あい佳演じる人妻・明乃が、毎熊克哉演じるご主人様・目黒の“奴隷”としてその心身を完全に委ねた瞬間を捉えた本編映像が公開されました。



ベッドの上で目を閉じる明乃に真っ赤な首輪を優しく装着する目黒の姿が映し出される。裸に首輪だけの状態になった明乃に対し、「君は奴隷だ」と言い放つ目黒。その後、繁華街を歩く2人だが、明乃の首には真っ赤な首輪が着けられたまま。

さらに首輪からは鎖が伸び、目黒が連れ歩く様子が見て取れる。すれ違う人々にジロジロ見られ噂される明乃は終始恥ずかしそうな表情を浮かべるが、そんな明乃から突然驚くべき以外な一言が…!!

ぜひ映像を見てチェックしてください。どこにでもいる会社勤めの女性・明乃が首輪を着けられたことで、初めて自分自身の“奴隷”としての欲望を知り、さらには快感を得るようになり、最後はご主人様である目黒に肉体的にも精神的にもさらなる調教へとのめり込んでいく姿を見ることができるでしょう。

この一連のシーンをきっかけに、明乃本人も抑制できないほど奴隷としての素養を開花させていくことになってしまい…!?


その続きはぜひ映画館で!




<明乃役・行平あい佳コメント>

ご主⼈様から、⾸輪をつけて頂くことは、ただ、⽀配と隷属を可視化する⾏為というわけではないと思っています。

明乃にとってこのシーンは、⾝体を委ねる先を、これでもかというほど官能的に、そして刺激的に⽰される場⾯でした。そしてそれは、明乃の中にある、感情や欲望の波を何処に向けたらいいのか、教えてもらえたことでもあると思います。「私はこの⼈に、ついていけば良いのだ」と、⾝体も⼼も理解できた瞬間なのではないでしょうか。

私⾃⾝が演じている最中、この⾸輪をつけられた時に感じたのは、先ず安⼼感でした。⽀配と隷属の関係性だけではなく、⼼の拠り所そのものが⾒えたように思います。⾸に付けられた鎖が、⽬⿊さんの動きや思いを、直接⾝体に伝えました。⼤凡それはファッションではなく、気持ちの通った当然の⾏為だったように思います。




●作品情報●

『私の奴隷になりなさい第2章  ご主人様と呼ばせてください』

エロスの殿堂 新章開花 

支配するのは男か女か―

大手広告デザイン会社で仕事をする目黒は、婚約者のいる身でありながら、ある日清楚で保守的だがどこか妖艶な雰囲気を持つ人妻・明乃に出会い、強引に口説いて関係を持つようになる。明乃は目黒の見立て通りどんどん積極的なっていき、目黒は明乃との逢瀬にのめり込んでいくが、そんな折目黒の会社に得意先広告代理店の部長で瀬尾と名乗る男が突然訪ねてくる。男は明乃の夫であった。

瀬尾は目黒に、不倫の報復としてその場で社会的全てを奪うと宣言し、そうされたくなければ妻・明乃との関係を続け明乃を調教するように命令する。目黒は理解に苦しむが従うほかない。その日から、瀬尾の指示のもと、明乃の更なる調教が始まった。それは、目黒にとって泥沼の恋愛にも似た破滅への道となっていった。一方明乃は、本人でも抑制できないほど奴隷としての素養を開花させていくが…。

出演:毎熊克哉 行平あい佳 百合沙 三浦誠己
原作:サタミシュウ「ご主人様と呼ばせてください」(角川文庫) 
監督:城定秀夫 脚本:石川均 城定秀夫 制作:ステアウェイ 製作・配給:KADOKAWA 
©KADOKAWA 2018

9月29日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開!


==================================

『私の奴隷になりなさい第3章  おまえ次第』

悦楽の果て-

男も女も隷属する

目黒には数年前、明乃という人妻の奴隷調教をその夫に命令されながら行い、明乃との関係にのめり込んだ矢先に関係を剥奪されて心に大きな傷を負ったという過去があった。そんな目黒は現在、自分自身が奴隷をコントロールする“ご主人様”となって何人もの奴隷を飼い、過去の自分が受けた“隷属”を他人との関係に築こうと懸命になっていた。そして、ある日繭子という見た目からわかるほど奥手な、だが強烈に調教願望を刺激される女性と出会う。出会ったその日に、その場で繭子を奴隷として開眼させ、調教を始める目黒だったが、その視線の先にはどうしても人妻・明乃の影がちらついていた。一方、繭子は目黒の調教を受け、女としての見た目も内面も研ぎ澄まされていく。目黒はもはや繭子の成長に追いつけない自分を感じ始めていた。

そんな折、複数飼っていた奴隷たちとの関係にも破綻がきたし始める…。

出演:毎熊克哉 杉山未央
百合沙 行平あい佳/池田良 石田佳央 原田裕章/川合瑞恵 範田紗々 山根千芽 福山理子 榊英雄
原作:サタミシュウ「おまえ次第」(角川文庫) 
監督:城定秀夫 脚本:石川均 城定秀夫 制作:ステアウェイ 製作・配給:KADOKAWA 
©KADOKAWA 2018

10月13日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開




(記事協力/KADOKAWA)
(構成/FANZAニュース編集部)




トップへ戻る