JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

【大泉りかがこっそり教える『オンナノコの秘密』】

【男性必見】女性が興奮するセックスのシチュエーションはこんな時!気持ち良いSEXに必要なのはテクニックだけではないんです❤大泉りか連載『女性のココロとカラダの秘密』【第145回】

気持ちのいいセックスに必要なものといえば、「テクニック」、そして「開発された肉体」。この両方が欠かせませんが、実はもうひとつ重要なものがあります。それは、
“気持ちの盛り上がり”。恋焦がれていた相手への想いがようやく叶ってのセックスは、最高の快感と、深い満足感を得ることが出来ますし、逆に、長い間の付き合いで、よくよく互いの身体を知り尽くしているにも関わらず、セックスが気持ちよくないというのは、心がマンネリを感じて盛り下がっているからだと思います。具体的に、どういう状況だと“盛り上がりセックス”が出来るのか。今回は、女性が盛り上がりがちなシチュエーションをご紹介いたします。

■初めてのセックス

男性もそうだと思うのですが、女性にとっても、やはり初めての相手とのセックスする前は、「この人、どういうセックスをするのかな」「この後、どんなふうにされちゃうんだろう」と、ドキドキ。気持ちが自然と高まります。だから、さして特別なことはしなくても、気持ちよくなれるはず……なのですが、初めての相手とのセックスゆえの落とし穴もあります。相手と初めてセックスするということは、「相手のことをよくわかっていない」という状況です。ということは、相手が異性に幻滅するポイントを理解出来ていない状態でベッドインすることになるので、知らず知らずのうちに、嫌な思いをさせてしまい、相手のテンションをどんどんと盛り下げてしまう危険性があるのです。男性がうっかりしがちな女性を幻滅させる行動といえば、「ケチって、古くて汚いホテルを選ぶ」「キスがおざなり」「シャワーを浴びてくれない(浴びさせてくれない)」「クンニはしないのにフェラはねだる」「雑な手マン」などがあります。初めてのセックスは、いかに減点されず相手の気持ちの盛り上がりを保つかがキモです。

■いつもと違う場所でのセックス

何度も身体を重ねた相手だと、互いの快感のツボや、好むやり方を知っているために、肉体的な気持ちよさは得やすいですが、反面、気持ちの盛り上がりは抑えめになりがちです。マンネリを打破せずして、
“盛り上がりセックス”は出来ない。では、どうやって打破するのかというと、「いつもとはちょっと違う」新鮮味をプラスすること。具体的には、いつもとは趣向の変えたラブホテル(和室、露天風呂つき、SM部屋などなど)を利用する、一緒に旅行する、ラブホテルではなく夜景の綺麗なシティホテルを利用する等々。金銭的に厳しい場合は、カーセックスに挑戦してみたり、青姦もたまにならば、いい刺激になると思います。毎回だと「お金をケチってる?」と不満を持たれてしまう危険もありますが……。さらにお互いの家であっても、玄関や、台所でダイニングテーブルを利用して、といったふうにシチュエーションを変えることは可能。馴染みの相手にこそ、とにかく趣向をこらすことが、気持ちのいいセックスをするコツです。

次のページへ
こんなシチュエーションに萌えるの❤