【エロ名言誕生】セフレと恋人の違いPart2❤「マンコが○○るのがセフレ?!」女性にとってセフレは単なるSEX相手ではなかった!!大泉りか連載『女性のココロとカラダの秘密』【第117回】 (1/2ページ)

2018.01.16 21:00
燃え上がれるセフレとのSEX❤
燃え上がれるセフレとのSEX❤

昨年末にテーマとして取り上げて好評だった“セフレと恋人の違い”。女性がセフレに求めるものは、やはり「(気持ちがいい)セックス」という結論に達しました。が、前回紹介しきれなかった中にも、「なるほど!」と思える名言がたくさんありました。そこで再度紹介したいと思います。女性の考える“セフレと恋人の違い”はずばりコレ!

■「恋人がいなくて自分がフリーなときにセックスするのがセフレ、恋人ができたらいらなくなるのがセフレ」

仕事柄か、性愛についての相談を受けることが少なくないのですが、中でも多いのが、「セフレのことが好きになってしまって、付き合いたいけど、付き合ってもらえない」というもの。下克上を希望しているというのに、相手からはぐらかされっぱなし。けれどもセックスはしてくれる……この状況ってプライドがズタズタに傷つくし、メンタルはキリキリ削られて、本当につらいんですよね。身体を重ねることは出来るのに、心が手に入らない状況に身悶え、のたうち回るセフレ沼! が、ここまでキッパリと「セフレと恋人とを分けて考える人も存在する」と頭に入れておくと、その沼から抜け出すことを決心する、手助けになるのではないでしょうか。

■「セフレは精神安定剤。恋人は麻薬」

恋は時に、人の心を乱して狂わせるものです。おかしくなりそうなほど、その相手と会いたくて触れ合いたくて仕方がない。さっきまで会っていたのに離れていたらさみしくて不安で苦しい……といった、冷静に考えると常軌を逸した心の嵐に襲われるのが恋! 一方でセフレは癒しの関係でもあります。彼に会いたくて会いたくて、でも会えないツラさを、セフレと会うことで誤魔化したり、時間を埋めたりもできる。そういう意味でセフレが精神安定剤になるというのは納得。そもそも、セックスをする関係にあることは、イコール自分に魅力を感じてくれている、という自信の根源にもなります。恋人との関係がいまいち上手くいっていない時には、他の男性がそばにいてくれることは、この上ない励みになる……ってアレ、わたしなんかヒドいこと書いてますね(笑)。

次のページへ
こんなセフレ名言も!

全文を読む

トップへ戻る