肉感が最高なAV女優オブザイヤー!『2017年、この肉がスゴかった!』俺の肉棒を奮い勃たせたクイーン(サイズ)たち!新人賞はデビュー間もないあの特乳!「男の腕を軽々隠すおっぱいが日本にいた~!」▼蕾だった少女が堂々たる女優に成長!【豊満女性評論家・カトウカジカ!】 (1/3ページ)

2018.01.09 20:29
新人賞はこの方!
新人賞はこの方!

ニクらしいほど肉が好き!

毎月29日は肉の日!肉感AV女優が大好物な変態ライター・カトウカジカ(豊満女性評論家)が「肉」の素晴らしさを語り尽くす、レアだけどスペシャルウエルダンな連載コラムです。

すっかり売れっ子街道まっしぐらのカジカ先生ですが、ルーティンワークは決して落としません!この連載はいわばライフワーク。熱き思いで書きなぐった魂の叫びをお聞きください。 (DMMニュースR18編集部)

2月9日 葉月菜穂さん
2月29日 百合華さん
3月29日 桜ちなみさん
4月29日 蓮実クレアさん
5月29日 二階堂ゆりさん
6月29日 保志美あすかさん
7月29日 友田真希さん
11月29日 打線組んでみた!
12月29日 神推しAVオブザイヤー!
4月29日 無名の女優に恋をした!
AV OPEN2017 Fitch作品レビュー
9月29日 三苫うみさん
11月29日 堀越なぎささん

※DMMニュース以外のサイトで閲覧すると全ての画像が表示されない場合があります。

勝手にオブザイヤー!肉の日スペシャル!(ちょっと遅れた)


年末にど風邪を引き、元巨人の覚●剤投手・野村みたいな風貌でこの原稿を書いてます。年の瀬に体調不良という事実に落ち込み、それでも〆切は待ってはくれず、野村ことカトウカジカは風邪薬を薬漬けにしながら週刊誌、月刊誌等の原稿を身を削る思いで書いています。


心身の疲労が凄い。そういう時でも人間の生命力、いや、男の“性命力”というのは凄いもので、子孫を残したいのか勃起します。通称・疲れマラ。今、ここで、シコったら体調悪化する。そんな事は重々承知ながら、理性を軽々超えるのが性欲というバケモノです。そして後悔する年末……。そんなシコり中心で2017年を終える皆様にお届けする、毎年恒例!?の「肉の日オブザイヤー」を今年も開催します! はい、単純に僕が2017年度お世話になった女優さんを紹介するだけのコーナーです。

【新人賞】

優木いおり

乳房が完全に、風呂敷レベルです。これぐらいの超乳になってしまうと、正直受け付けない男性がいるのも重々承知しています。

中学生の頃、クラスにいたとんでもない爆乳の女の子が好きだったけど、とんでもなくブスだったから隠していた。

中学生の頃、エロ漫画の中でも特に“超乳”が多かった河本ひろしさんの漫画を、友だちが家に来る時は隠していた。

「オマエ、あんなおっぱいオバケが好きなの!?」

理解されないと思っていた。


子供の頃、愛川欽也司会の『木曜スペシャル・世界ビックリ大賞』では毎回“超乳枠”がありました。

我らがスケベの代弁者キンキンは、「目の保養だねぇ~」と、その超乳を毎年何人も紹介してくれたものです。現在も似たような番組は続いており、超乳がスイカを割る、超乳がアルミ缶を潰す。

バカ映像扱いではありますが、僕個人はやんわりテレビを観ながら興奮しています。



超乳はビックリモノ扱い……そんな理由で長年隠してきましたが、超乳女性の皆さんごめんなさい、僕はあなたたちが大好きでした!! 



この優木いおりさん、名前を聞いて「誰!?」と思う読者も多いことでしょう。彼女がデビューしたのは12月13日、たった3週間前ですが、既にこの“超乳”はおっぱいマニアの間で話題沸騰中です。




タイトルに使われるのは“特乳”という新しい言葉。特別に大きな乳を意味する128cm・Pカップ。もう僕ら愛好家からすれば、彼女のお母さんよく産んでくれたと感謝しかありません。



しかし、当の本人は長年大きな乳房はコンプレックスだったという。

外出すれば好奇の眼差しを向けられ、しかも電車に乗れば痴漢率120%。まさに男を狂わせる乳房……。




そんなコンプレックスの塊も、いざAVという世界では武器になります。

このサイズ感になれば下垂型は仕方ないが、柔らかい分だけ“セルフ乳首舐め”も余裕でこなす。さらに爆乳あるあるの“パイズリ時に男根を隠しちゃう”を軽々越えて、本作では“男優の腕を隠す”というマジックを見せてくれます。僕が世界ビックリ大賞のプロデューサーならば、「男の腕を軽々隠すおっぱいが日本にいた~!」と紹介したいほどです。



爆乳業界でも話題沸騰中の彼女ですが、この一本限りのAV出演だったという噂もあります。

寂しいので恒例の「女優名 風俗」で検索かけたところ、同姓同名のFカップ泡姫が出てきました。そ、それは違う。是非2018年も暴れて欲しいこともあり、新人賞に推しました。




次のページへ
続いての賞は…

全文を読む

トップへ戻る