【新人AV女優の作品へ貢献された皆さんへ贈ります】AV廃人・くろがね阿礼が連載を支える業界を勝手に表彰!▼12月はどの新人ちゃんがハネたの?そして1月デビュー新人の予約段階お気に入り数で占うヒットの行方! (1/5ページ)

2018.01.11 21:00
 生まれてきてくれてありがとうございます!(担当編集*鈴森)
生まれてきてくれてありがとうございます!(担当編集*鈴森)

1 今回は各部門のリーディングを発表しましょう

■まずは女優さんのリーディングから


 皆様明けましておめでとうございます。くろがね阿礼です。先月号では12月9日時点での新人女優さんのリーディングを発表いたしました。今回発表しますのは、12月31日時点でのリーディングです。最後の最後でさくももちゃんこと桜空ももちゃんが差し切って、首位に立ちました。このリーディングには、作品数がちょっと少ないかなとかパブ狭いかもという女優さんは含まれていません。


ここで気になる情報が出てきました。DMMの2017年年間ランキング(ビデオ動画)です。
※画像をクリックするとランキングページへ飛びます(編集)


 僕の大好きな某女優さんのVR(某女優と申しますのはクレジットされてないからなんですが、本当は名前を言いたい!)が年間15位に入ってて胸アツだったりします。僕がレビューしたナンパJAPANの「騎乗位の天才」もランクインしてます。


■過去記事はコチラ(※クリックでリンク先へ飛びます。)

【騎乗位の天才!】ナンパJAPANが捕まえた素人りさちゃんが繰り出す脅威の騎乗位、そして「し足りない」出たーーー!清楚に見えてものすごい性欲モンスターがあらわれた!【AV廃人の超特濃レビュー】


 意外にもMUTEKI勢が多くランクインしていて、例えば8位の今井メロ、16位のAi、65位の松田美子が名を連ねてますね。松田美子は僕のランキングでは総合19位なんですが、上記表に上げた女優さんの作品のうち、松田美子を上回る作品って水トさくらの未満作品(45位)、吉高寧々(59位)明里つむぎ(60位)のデビュー作だけなんですよね。そして80位には松本菜奈実が入ってます。そして驚くことに桜空ももの作品が100位以内に1本も入ってないんですよ。



 この辺りはもう実売の数字はこうなんだろうと僕は受け止めています。つまり、僕の予想は大きく外れる可能性があるなと(笑)。何度も念押ししてきたところではありますが、僕は実売の数字は持っていません。ただ、作品への支持が実売とスケール的に大きく乖離することは無いだろうという仮説に基づいて連載をやってきたところで、もうしかしたらMUTEKI作品はその仮説に当てはまらない要素が多分にあるのではないかという疑いは持っていました。



 ただ、そこは僕からは見えない部分ですので、見えないことを元に仮説を組み直すことも能わずというところで、くろがね阿礼のアワードに関する予想は変更いたしません。ハズレでもいいんですよ、楽しければ(笑)。



 松田美子が出てきたら出てきたで僕は大歓迎ですし、僕の予想がハズレたときはくろがね阿礼バーカバーカ!とご笑納いただければ幸いに思います(買ったならお気に入りを推してあげればいいのに(笑)とはちょっと思いますが)。



 というわけで、今回は表題のとおり、彼女たちの作品に欠かすことのできない、男優・監督・メーカー様、多大なる貢献をされた各部門のリーディングを発表したいと思います。ここでお断りしますが、各部門のリーディングはあくまで新人女優さんの作品への貢献ということで、とても限定的です。貢献は皆さんがされているんで、当然、このリーディングが業界の全てを代表しているという認識ではありません。



 ただ、デビュー年というのは女優さんにとってキャリア形成の上でとても重要な時期であります。そして優れた新人女優がデビューし、順調にキャリア形成できなくなるとメーカーは衰退し、業界全体が衰退します。そのような意味で、各部門において新人女優さんの作品づくり、キャリアづくりに貢献された方々を顕彰することが必要であると、くろがね阿礼は強く認識しております。



 まずは僕の連載、1~12月まで毎月順位を出しています。従いまして、各部門のリーディングを決めるに際し、各月の作品順位によってポイントを差し上げたいと思います。

 こんな感じです。ただ、これですと月によって成績の平均点が恐ろしく高いところと低いところとでかなり不公平になってしまいますよね。そこでちょこっと補正をします。僕は大ヒットした作品の絶対的な目安として、DMMでのお気に入りの数が10000ポイント以上というのを挙げさせていただいておりますので、それぞれの役割において貢献された作品が10000ポイント以上を獲得された場合、1作品につき1ポイントをボーナスとして差し上げることといたします。



それでは発表です。

次のページへ
生まれてきてきてくれてありがとう。

全文を読む

トップへ戻る