愛する監督が別の女優とSEXしてるのを目撃!寝取られ気分で大嫉妬!AVデビューは3人共演!あの男優さんが初相手で良かった!みんなの太陽・早川瑞希が自分のAV見て大騒ぎしながらエロトーク!【ロングインタビュー第1回】 (1/4ページ)

2017.10.07 23:55
怒濤のマシンガントーク!
怒濤のマシンガントーク!

本日DMMニュースのロングインタビューに登場してくれたのは早川瑞希ちゃん!

SOD系列のS3(エスキュービック)というメーカーでデビュー以来、綺麗でエッチなお姉さんとして人気を誇ります。アイドルユニット「原宿☆バンビーナ」の一員としても活躍中で、明るく元気な愛されキャラだとか。

そこまでインタビューの経験が多くないようなので、根掘り葉掘り人生を語り尽くしてもらいましょう!第1回ではAVデビューの頃を中心に振り返ってもらいました!

たっぷりお楽しみください!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


──よろしくお願いし…満面の笑顔!

早川 早川瑞希です!よろしくお願いします!

──今までインタビューの経験は少ないようなことをさっきTwitterにもあげてましたけど。

早川 そうなんですよ!でも、ずっとインタビュー受けてみたいなーって思ってたんです。

──いろんなこと聞かれちゃいますよ。大丈夫ですか?

早川 大丈夫です(笑)。どんどん聞いてください!

──先日のフェチフェスでもトイズハートさんのところで大活躍でしたけども。

早川 うふふふー!



──人と会うのが好きな感じがしますよね。人見知りしなさそう。

早川 いや~実は人見知りを結構するんですけど、喋ってくれる人には自分からいけるんです。

──そこまでの関係性になるのは意外と大変だったりするんですか?

早川 なんか雰囲気を見て「この人とは喋れなさそうだな」って思うと、ぴしゃっ!て。

──閉じちゃうんだ。それは好きな男性のタイプとかとはまた違って?

早川 そうですね。ごくたまに、「あんまり喋りかけないで」みたいなオーラを放ってる子がいると、あ、この子とはもう喋らないでおこう、みたいな。なんとなく感づいて。

──敏感なところもあるんですね。

早川 全身性感帯ですから(笑)

──ノリが本当に良いですよね!さて、AVデビューは2015年の1月ということで…女優歴は2年半。

早川 やばい!早すぎて。もう2年半?

──いろんなこと経験されたと思いますけど、まず大まかにご自身のAV人生の中で、思い出に残っていることは何でしょうね?

早川 一番楽しかったのは…南国にロケで行った作品。『激カワ娘と南国で子作り中出しSEX』ですね(BAZOOKA)。桜ちなみちゃんと真野ゆりあちゃんと3人で。それはそれはものすごく楽しかったです。プライベートビーチでのセックスは…周りに誰もいなくて。当たり前か(笑) すごく開放的で楽しかったです。ちなみちゃんもゆりあちゃんも面白くていい子で。楽しかったー。



──しかも完全主観作品なんですね。

早川 うんうん。覚えてます。

──大変だったことは?

早川 わたし虫が嫌いで(笑)

──外撮り向きじゃないですね。ちょっと見てみましょうか。

(サンプル動画再生)

早川 わ、やばい!やばいですって!!!!!!!



──ちょっと一歩さがった場所にいつも早川さんは位置取りしてますね。

早川 先輩の真野ゆりあちゃんがぐいぐい引っ張ってくれました。私は懸命に付いて行こうって。

──外でヤッたことは今まであったんでしたっけ?

早川 プライベートはないです。ぎゃ────!ちょっとやだあー!キャハハハハハハハ!

(サンプルを見ながら)


──爆笑じゃないですか。

早川 いやー!ちょっと恥ずかしい!らめぇ!

──この時点で共演作品には何本か出演されてましたよね。

早川 そうですね、デビュー作から共演だったので。最初から抵抗はなく。



──デビューする前から女の子と肌を合わせるのも平気だったんですか?

早川 そうですね、むしろ心強かったです。他の子がいるほうが。何もわからない状態だったので。だから普通の1人でデビューするよりも、葉山美空ちゃんと中居はすみちゃんとの共演作で「チームオゾン」としてデビュー出来てすごくよかったです。

──とはいっても、デビューの日は緊張したでしょ?逃げ出したくなったり…?

早川 それは全くないですよ(笑)。でも現場の雰囲気や流れは未経験で何もわからなかったので、緊張はしてました。台本があっても実際やってみないと…。

次のページへ
チームオゾンの2人とはこの日が初対面!

全文を読む

トップへ戻る