援交してる噂が立つほどエロいJKだったけど…実は処女でした!Hカップ現役女子大生AV女優・佐倉ねねは小学生時代からBLにどっぷり!人生初インタビューで大暴露!ハメ撮りしたい監督は…性感帯は…AVデビュー作は…【第2回】 (1/4ページ)

2017.08.12 17:00
Hカップはビンカンですよ!
Hカップはビンカンですよ!

SNSを全くやらず、ミステリアスな部分の多い佐倉ねねちゃんのキャラクターやステキなボディにグイグイっと迫ります。

こんなに大人びたスケベなお嬢様が誕生するにはそれなりの経験があったようで…。といってもセックスでなく、性のお勉強の経験。人一倍どころでなく凄かったみたいですよ。じっくりお楽しみください!


【過去記事はこちら!】

初インタビュー!佐倉ねねちゃんAV OPEN参加作を語る!共演女優をぶった切り?「藤咲エレンさんはフニュ~ン。 優月まりなさんはフニュッ。若槻みづなさんはもう少しハリがありました!」【ロングインタビュー・第1回】



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

――スタイルがいいけど、おっぱいはいつ頃から大きくなったの?

佐倉 ずっとおっきいですね。中学でEとか。高校時代はFかな。

――それでその顔なら中高時代はモテモテだったでしょ。

佐倉 いやいや~。実は中高と女子校だったんで男の人と接点が無くて。基本、男の子とのからみは一切なかったです。電話番号渡されるみたいなナンパもないですし、可愛いアヴァンチュールもない。

――じゃあ初体験は。

佐倉 18歳ですね。大学に入ってから。

――大学生になれば同世代の男の子と接点ができるしね。

佐倉 それが…相手はバイト先のオーナーさんでした。

――オーナー?もしかしてずいぶん歳上?

佐倉 とても言えないので秘密にするくらい歳上です。うふふふふ。

――その人が唯一のプライベート体験で、たった3回。

佐倉 そうなんです。しかもドノーマルなセックスしかしてないから、経験談が全くないツマラない女なんですよ。申し訳ないです。

――なぜそこからいきなりAVに出ちゃったわけ?

佐倉 元々性風俗業界に興味がありました。やってみたいなと思って応募したら快く受け入れてくださったので、「じゃあやってみよう!」っていう感じになりました。

――トントン拍子だ。AV女優になることに迷いもなかったんですね。

佐倉 そうですね。出演するまでの流れも割と楽しみました。

――とはいっても初めての撮影は緊張するでしょ?



佐倉 勝手がわからなくて。めっちゃアタフタした記憶があります。

――初体験から数ヶ月で4回目。まだ痛かったんじゃない?

佐倉 はい。その後も痛気持ちいいっていう感じが続いて、慣れてきたのはもう少しあとになってからでした。

――撮影の最初の頃は挿入より前戯のほうが気持ちよかったかな。

佐倉 はい。けど、今も前戯は好きです。やっぱり前戯が長いほうがスイッチが入ります。好きな人とエッチする時って自然に濡れ濡れになるじゃないですか…。



――“濡れる”じゃなくて、“濡れ濡れ”になるんだ(笑)

佐倉 なります。だから前戯を端折る男の人が多くなるんだと思うんですけど…。好きじゃなくてももっとしっかり前戯をやってもらえると、女の子はテンションも上がるし、気持ちよくなると思います。

――特にテンションがあがる前戯はある?

佐倉 フェザータッチでマッサージしてもらえると気持ちよくなります。ワキから横腹のあたり、みんながくすぐったいっていうところあるじゃないですか。あそこはエッチな気持ちになると私にとっては性感帯になりますね。そこをふわふわ~っとされると…。(手振りを交えて説明)



――今やってるみたいにイヤらしい手つきでフェザータッチされたいんだ。

佐倉 あははははは!!はい。スイッチが入ります。

――焦らされるのはどう。

佐倉 好きですねぇぇぇ。

――「早く~!」って怒ったりしない?

佐倉 もちろん急かしますよ!急かしますし自分で腰も動かしますけど、そういう触れあいも好きです。まあエッチなことはなんでも好きですけど。うふふ。

次のページへ
エロいよ!爆乳お姉さん!

全文を読む

トップへ戻る