【AKNR監督×波多野結衣 スペシャル対談】 ほつれた糸を引っ張ると、世界のハタノの服がみるみる短く!? 男が一度は妄想するエロシチュエーションをAVで完全実写化!撮影の舞台裏ぶっちゃけトーク!【新作発売記念】 (1/2ページ)

2017.03.18 20:00
ワキ道も王道!
ワキ道も王道!

こだわりの職人技と独特のフェチズムで人気作を続々リリースしているAKNRの最新作は、ほつれたニットの毛先を引っ張るとみるみる服が短くなっていくという、どこか懐かしいエロシチュエーション!

そんな話題沸騰間違いなしのタイトル発売を記念して、AKNR監督と出演の波多野結衣ちゃんに対談インタビューを敢行です!



『もう〜まさにアニメ!解れた糸を引っ張るとみるみる服が短くなっていくwww』(AKNR)4月6日発売

○●○●○●○●○●○●○●○●

── この企画を思いついたきっかけを教えてください。

AKNR監督  昔、見たアニメなのか漫画なのか…「糸がほつれてどんどん服が短くなっていく」っていうイメージが頭の片隅に残っていたんですよ。その実写AVって見たことないので、実際に出来ればいいなって思って撮影することにしました。

波多野結衣  企画を聞いた時、本当に映像で見たことないから「斬新だなー」って思いました。AKNRさんっぽいなって。ただ実際、やってみないとどういう動きになるか分からなかったので若干不安はありましたね。でも撮影が始まると、すんなりパーって服がほつれていって面白かったです。

AKNR 1か月かけて作ったニットだからね。でも撮影は一瞬っていう。

── ニットは特注だったんですか?

AKNR そうです。企画が決まっても実際にこのニットがないと撮影できないですから。一本糸でキレイにほつれていく服を作ってくれる業者を探すところから始めました。おばあちゃんがやっているところで作ってくれる業者が見つかりまして。一度、ミニチュア版を試しに作ってもらって、やってみたらウマくいきそうだったので実現しました。

波多野 私が着ていた衣装はボーダーのワンピースだったんですけど、色を2色使っているのに引っかかることなくほつれていってどんどん短くなっていきました。これ、日本人の器用な手作業だからこそ実現したんだなあと思います。

AKNR ハタちゃん(波多野結衣ちゃん)が着ていたボーダーのデザインは、短くなっていくのが分かりやすいと思ってリクエストしました。そして今日のインタビューに合わせて僕もボーダーで来ました(笑)。

波多野 AKNRさん、意識高いから~!(笑)

── 波多野さんをキャスティングした理由を教えてください。

AKNR この企画って全世界でわかりやすいエロだと思うんですよ。だから日本だけではなく世界を意識して、ハタちゃんでいこうと思ったんです。

波多野 えー!本当ですか!?

AKNR これ、冗談っぽく言ってるけど本当なんだよ。Yo○Tu○eとかで、パンツが見えないくらいまでどんどん服が短くなっていく映像をアップしたら話題になるんじゃないかって。あと、年末といえばハタちゃんだなっていうのもありましたね。

波多野 私、最近AKNRさんには年一回ペースで撮影してもらってるんです。それがだいたい年末の寒い時期で。本当は半年に1本くらい撮ってほしいのに~(笑)。

AKNR いいじゃん紅白歌手みたいで(笑)。ハタちゃんが髪の毛切ったって聞いたのも大きいんだけどね。髪短い子が好きだから。

波多野 髪の毛切ってよかったー!AKNRさんの現場はいつも和気あいあいとして楽しいです。いい意味で気を使わなくていいので…。そして他にはない企画に挑戦させてもらえるので新鮮です。

── 撮影で苦労した点はありましたか?

波多野 うーん…あ、最初にほつれていく糸をフックに偶然引っかけちゃうシーンがあるんですけど、そこはちょっと苦労しましたね。倉庫で別の作業をしながら偶然引っかけちゃう…って感じなので、別のところを見ながらフックにうまく当てなきゃいけなくて。練習ではうまく引っかかったんだけど、いざ本番になるとなかなか…。

AKNR ここでハタちゃんが本番前に「うまくできるかなあ…」って、ぽつりと言ってたんですよ。それで、「あ、この子は真面目な子なんだなあ」ってハタちゃんに対するイメージが変わったんです。

波多野 気づくの遅すぎません!!!!??

AKNR ほら、今や世界で輝くトップ女優じゃないですか。そんな出演数もすごく多い女優になっても、こんなおバカ企画に真面目に向き合ってくれるんだって思って。台本もめちゃくちゃじっくり読みこんでくれるんですよ。そんな重要じゃない台詞まで1つ1つ。

波多野 台本って監督さんたちが事前に作って仕上げてくれているものじゃないですか。だから、なるべく台詞とかは監督さんの思う通りにやりたいっていうのがあるんですよ。

AKNR 当日現場で流れを見て、展開を変えたり台詞を変えたりすることもあるから申しわけないなって思います。今回は初めての試みの作品だから特に。でもこんなフザケた企画にも本気で打ち込もうとしてくれているところを見て、波多野結衣の評価が上がりましたね。

波多野 今回、本当に撮ってもらえてよかったです。こうして作品のプロモーションとして対談させてもらえたり、4月8日にはこの作品で北海道イベントもやってもらえるっていうことで。今まで実はそんなにAKNRさんと深くお話する機会ってなかったんですよ。そもそも年1回しか監督としての撮影は呼んでもらえなかったし…嫌われているのかと思ってましたし(笑)。

AKNR この撮影から、さらに対談を通じてかなりお互いの心の壁がなくなったよね(笑)。ハタちゃんのこと、もっとツンケンした人かと思ってたんだけどイメージ変わりました。ほら、この撮影後にすぐに6月発売予定作品でもう1本ハタちゃんにオファーを出しましたしね。マネージャーさんから聞いてるでしょ?

波多野 うれしー!今年はAKNR監督作品の出演が増えますね!私もAKNRさんともっと仲良くなりたいって思ってたので…記念すべき作品になりました。

次のページへ
撮影現場の秘話も!

全文を読む

トップへ戻る