「気持ち良すぎて、ダメになりそう……」爽やか清純系JD・伊東ちなみが初撮影で大胆セックスに覚醒!!【伊東ちなみインタビュー第3回】

2015.10.17 17:00
初めて体験することばかりのデビュー作!
初めて体験することばかりのデビュー作!

 インタビュー中、男性器の名称を「オチ●チン」と言葉にできず「アレ」「ブツ」等と表現する程、とにかく恥ずかしがり屋なMOODYZ新人女優・伊東ちなみちゃん。ウブすぎる女子大生が、まさかの大胆発言をしてくれました。第3回では、初体験後のプライベートな性体験と、初めてのAV撮影でのハラハラエピソードを赤裸々に語ってくれました!


──さて、いきなりですが、2回目のセックスは無事にできたのかな?

ちなみ えへへ……はい。しばらく経ってから彼のお部屋でしました。

──よかった! 恥かしすぎて逃げ出してしまったかと心配になりました。

ちなみ いえいえ。でも、彼は初めての時以上に「痛くない?」とか「大丈夫?」とか、優しい言葉をなげかけてくれて、逆に申し訳ないなって思ってしまったくらい。でも、内心は、ここなら家族に気兼ねなくできるな~って思っていたんですよね。だから、安心して身を委ねることができました。

──ほっとしました。当時の忘れられないエピソードってある?

ちなみ 彼の家に行った時に「コンドームがいっぱいあるから、あげるよ」って言われたので、それを貰ってお財布に入れておいたんです。その後、お母さんが、私のお財布がパンパンなのに気付いて「どうしてこんなにパンパンなの? 整理してあげるね」って中身を全部出しちゃったんですよ。あれはもう焦りましたね。モロですし……。

──それがきっかけでセックスしちゃったことがバレたの?

ちなみ いいえ、もっと前からバレていたと思います。実は、初めての時以来、お母さんが彼と目をあせてくれなくなったんです。彼が遊び来ている時は、部屋には入ってこないで私にメールをくれるんです。「彼は何時までいるの? 夕飯はいるの?」とか。

─それって、完全にバレちゃってるね?(笑)。

ちなみ そうですよね~。バイト先の先輩にも言われたんですけど「2階でシテたらミシミシって響くから、1階にいる人には絶対にバレてるよ」って。それでも、お母さんは何も聞いてこなかったので、凄く気まずかったです(苦笑)。

──でも公認ということじゃない? 

ちなみ う~ん。でも、大学進学で上京するのをきっかけに彼とは別れてしまいました。今は、新しい彼はいません。

──これからは、全国の男性が恋人です(笑)。さて、その後、経験人数は何人になった?

ちなみ 全く増えていません。初体験の彼だけです。

──そうなの!? では、AVデビューは刺激的すぎたでしょ?

ちなみ はい。家族と彼の「アレ」以外は見たことがありませんでしたので、見るだけでもドキドキしましたね~。

──初めての撮影はどうだった?

ちなみ 緊張しましたね。ヘンな汗がわ~っと飛び出してきました。緊張と不安と恥ずかしさが混ざっていて。特に、初めてのカラミは何をしたのかも覚えていなくって、後から写真を見せて貰って「わ! こんなことしていたんだ?」ってビックリすることばかりなんです。

──頭が真っ白だったの? デビュー作の第一関門と言われている初脱ぎも覚えていない?

ちなみ そうなんですよね。スタジオに入った時には、人がいっぱいいるのとか見えていたはずなんですけど、「本番始めるよ」って言われてカメラが回った途端に、どこを見ればいいのか、何をしゃべっていいのかも分からなくなって、とにかく指示された通りにやらなくちゃって考えていたことしか記憶にないんです(笑)。

──それは初々しい!! 前日は眠れた?

ちなみ 1時間しか眠れなかったんですよ。だから、当日は頭がふわふわして寝不足もあったかもしれません。

──男優さんの「アレ」に遭遇したときの心境はどうだった?

ちなみ 階段を下りてきたとき、そこにしか目がいかなくって「まりもっこりがきた!」って思ったんですよね。「アレ」を強調したパンツを履いていらしたので、本当にそっくりで。で、少し経って「あ、違う。あれが男優さんだ!」って(笑)。

──あはは……ちょっと、それ面白すぎる!

ちなみ 本当に衝撃的だったんですよ。「わぁ~!」って感じ。彼の「アレ」でさえも慣れてからやっと明るい所で見られるようになったのに、最初から主張されたら、もうそこにしか目がいかなくて(笑)。

──それが自分の中に入ってくると分かった時の心境は?

ちなみ 「切れちゃう!」って不安でしたね。彼のとも全然違っていたので。でも、始まった途端に記憶が飛んでしまって、何を考えていたのかも思いだせないんです。写真を見ても、何をしてるのか分からないのもけっこうあって。

──潮を吹いているよね? それも覚えてないの?

ちなみ そうなんです。初めての潮吹きだったのに全然覚えてないっておかしいと思われるかもしれませんけど、後から言われて「あ、できてたんだ?」って。そんな感じです。

──フェラは普段通りにできましたか?

ちなみ フェラだけでイカせたこともなかったですし、長くやったこともなかったので初めての挑戦でした。彼の時は、高める態度に手でいじってちょっと先っぽを舐めてって感じだったので。しかも、この時は自分で相手を選んで欲しいと言われてビックリしちゃって。最後までちゃんとイカせられるか不安で、もう全身の力を込めてすっごい頑張りました。

──事前に予習をしていったの?

ちなみ しました! 女の子が見るエッチのテクニックが載ってるサイトに「10のテクニック」というのがあって、それで勉強しました。でも、当日本番になったら、全て忘れてしまってたいへんでしたね(笑)。

──精子を顔で受け止めてますが、顔射の経験は?

ちなみ それも初めてだったのでビックリしました。ピュッてでた先に私の顔があって「熱い!」って思ったら、それが顔射っていうんだって知った感じ。本当に凄かったです。凄いとしか言いようがないです。これまではゴムに出して貰っていたので、精子がこんなに飛ぶなんて知らなくて、だからこの時、凄い目を見開いてるんですよね。写真を見ると笑っちゃうくらい、分かりやすい顔してますよ。

──他にも初体験は?

ちなみ いろんな体位も初めてしました。これまで、正常位、騎乗位、バックしか経験がなくって、彼に立ってやってみようと言われたことはあったんですけどできなくて諦めたんです。だから、立ってしたのはこれが初めてで、あれは凄いですね。いろんなやり方があるんだな~って思いました。次々と形が変わるので、頭と体がついて行かなくって、終わった後は力が入らなくて立てなくなってしまったんです。

──そんなに!? 気持ちよかったって事?

ちなみ そうです。その前に耳を責められたりもしたんですけど、私の弱いところランキングの1位が耳で、2位が乳首で、3位がクリで、それを順番に責められたのでその時点で意識が朦朧としてました。

──敏感なんだね!

ちなみ えへへ……そうみたいですね。彼のエッチは本当にあっさりしてたんです。ちょちょっと前戯して、入れて、よいしょよいしょっして出して、はい、寝ましょうって感じ。スポーツかなってくらいさっぱりしてたんです。ちょっとすっきりしようか~って感じでスピーディでした。でも、撮影では、それとは全く違っていたので、自分でもこんなに感じてしまうなんて思っていませんでした。

──初撮影を終えた感想は?

ちなみ いっぱいいっぱいで何も考えられずにぼ~っとしてました。激しかったのもあるんですけど、何もかもがついていかなかったです。あ、でも、気持ち良すぎてダメになっちゃう~って思いました。エッチがこんなに気持ちいいなんて初めて知ったんです!

 シャイな女の子が、初体験の連続を経て、遂に本物のセックスに目覚めていく。デビュー作にはそんな瑞々しい成長の過程がしっかり納められています。驚いたり、テレたり、感じたり……感じたままを表情にする素直さに、きっと多くの人が恋心を抱いてしまうはず。ぜひ、デビュー作も合わせてご覧くださいね!

(取材・文=文月みほ)

トップへ戻る